Thursday, 04 April 2024 07:03

ジョコ・ウィドド大統領はエジプトとスーダンへの人道援助を提供

Written by 
Rate this item
(0 votes)


インドネシア共和国のジョコ・ウィドド大統領は、エジプトのパレスチナ国民とスーダン国内紛争と病気の流行の影響を受けているスーダン国民に対して人道援助を提供しました。インドネシアの人道援助は、43日水曜日ジャカルタのハリム・ペルダナクスマのインドネシア空軍(TNI AU)基地からジョコ・ウィドド大統領によって提供されました。ジョコ・ウィドド大統領は、インドネシアはパレスチナのガザで起きた人道的出来事と、多くの犠牲者を出したスーダンで起きた内戦を懸念していると述べました。エジプトとスーダン政府からの公式要請に応じて援助が送られました。

インサート:本日送られた援助は約300億ルピア相当で、医薬品や健康器具の形です。また、現場の既存のニーズに合わせたその他の支援も提供します。これは、エジプトとスーダン政府からの公式要請に従っています。

ジョコ・ウィドド大統領は、国家災害管理庁のスハリャント長官が代表団を率いてエジプトとスーダンに援助物資を届けていると説明しました。インドネシア政府は、インドネシア外務省を通じて、エジプトとスーダンから、紛争と病気の発生に直面している人々への人道支援の要請に関する外交文書を受け取りました。文書では、エジプト政府は、イスラエルによるパレスチナ・ガザ地区への侵攻により、エジプトのラファ(北シナイ砂漠)周辺でエジプト領土に入ったパレスチナ難民の扱いについてインドネシア政府の支援を期待しています。

Read 390 times