Wednesday, 03 April 2024 08:21

レトノ外相はアラブ諸国の大使らとガザ危機の経過について話し合った

Written by 
Rate this item
(0 votes)

 

インドネシアのレトノ・マルスディ外相は、42日火曜日ジャカルタでアラブ諸国の大使らと会談し、パレスチナ問題の経過、特にガザ地区の危機について話し合っいました。 1時間に及んだ討論の中で、レトノ・マルスディ外相は、パレスチナ人民の闘争を支援する上での態度と立場の統一の重要性、そしてパレスチナを支援する道徳的責任を持つことの重要性を伝えました。したがって、インドネシアとアラブ諸国は、停戦問題を含む20242728号国連安全保障理事会決議の確実な履行に集中することができます。インドネシア外相とアラブ諸国の代表との会談には、以下の国々から7名の大使が出席しました。パレスチナ、ヨルダン、サウジ・アラビア、アルジェリア、シリア、オマーン、エジプトからです。さらに、バーレーン、モーリタニア、イエメン、レバノン、アラブ首長国連邦、イラク、リビア、カタール、クウェート、チュニジア、スーダン、ソマリア、モロッコの大使館を代表する職員13名も会議に参加しました。

 

Read 131 times Last modified on Wednesday, 03 April 2024 08:42