Friday, 29 March 2024 07:03

ジョコ・ウィドド大統領は6月にフリーポートの所有権61%に関する交渉の完了を目標としている

Written by 
Rate this item
(0 votes)


ジョコ・ウィドド大統領は、20246月までフリーポート・インドネシア社の政府株式所有権61%に関する交渉を完了することを目標としています。アンタラ通信社が引用したように、これは、328日木曜日ジャカルタで開催された12回インドネシア仏教学生協会大会(ヒクマ・ブディ)の開会式に出席した後にジョコ・ウィドド大統領が語ったものです。ジョコ・ウィドド大統領は、フリーポート・インドネシア社との交渉が合意に達すれば、61%の株式所有が実現できると信じています。それとは別に、政府は鉱物および石炭採掘事業活動の実施に関する202196号政府規制の改正も最終決定しています。ジョコ・ウィドド大統領は、ヒクマ・ブディ会議の開会式での演説で、鉱山会社フリーポートの株式の国有所有権は、当初9%に過ぎなかったと述べました。 2018年、インドネシアは正式に株式の51%を引き継ぎ、フリーポート社の筆頭株主となりました。ジョコ・ウィドド大統領によると、これらの株式の支配により、国の歳入が会社収入を通じて70%増加したということです。

 

Read 421 times