Friday, 05 April 2024 06:31

石油採掘会社(プルタミナ)はバリクパパン製油所開発マスタープランの完了に注力する

Written by 
Rate this item
(0 votes)


石油採掘会社(プルタミナ)は、東カリマンタン州バリクパパン製油所開発マスタープランの完了に注力しています。このプロジェクトは、新たなマイルストーン、すなわち20245月初旬の完了を目標とする製油所の定期メンテナンスプログラムに入っています。バリクパパン製油所開発マスタープランは、最終的には現在最大の生産能力を持つ製油所である中部ジャワ州のチラチャプ製油所の生産能力を超え、インドネシア最大の製油所となる予定です。プルタミナのニッケ・ウィディヤワティ社長は、44日木曜日ジャカルタでアンタラ通信社が受け取った声明で、製油所開発マスタープランプロジェクトの重要なマイルストーンであるメンテナンス作業プロセスの能力を増強し、スムーズに実行されることを期待しています。ニッケ氏によると、バリクパパン製油所開発マスタープランプロジェクトの成功により、バリクパパン製油所の生産能力は日量10万バレル増加し、当初の日量26万バレルから36万バレルになる予定だということです。

Read 139 times