Program Highligt

Program Highligt (846)

06
December


ジョコ・ウィドド大統領は火曜日、ナゲケオ地域と西マンガライ地域で多くの活動を行った後、東ヌサトゥンガラ州クパン市への実務訪問を続けました。ジャカルタで受け取ったプレスリリースによると、火曜日、クパンのエルタリ国際空港に到着したジョ・コウィドド大統領は、クパン市滞在中に宿泊するホテルへ訪問の日程を進めるとのことです。ホテルに到着すると、大統領は、道端で待っていた人々に温かく迎えられました。これを見て、中部インドネシア時間午後520分、ジョコ・ウィドド大統領は、その夜滞在するホテルにすぐには入らず、代わりに彼を呼んでいる群衆に向かって歩きました。当時クラパ・リマビーチ一帯を埋め尽くしていたクパン市の住民は、突然ジョ・コウィドド大統領に近づきました。ジョコ・ウィドド大統領は歩きながら、国民に挨拶し、国民からの自撮り写真の希望招にも応じました。ジョコ・ウィドド大統領は、東ヌサトゥンガラ州ヨディア・カラケ知事とクパンのファレンシー・P・フナイ市長を伴い、2022年にジョコ・ウィドド大統領自身が開設したケラパ・リマビーチ地区の状況を視察するためにビーチに向かって歩いている姿が見られました。れた午後の真っ只中、大統領はビーチからこの地域を包括的に視察しました。

 

01
December


インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、限られた代表団とともに、1130日木曜日ジャカルタのハリム・ペルダナクスマ空軍インドネシア国軍基地からアラブ首長国連邦に向けて出発しました。大統領は、出発前の記者会見で、アラブ首長国連邦で開催される第28回国連気候変動枠組条約締約国首脳会議(COP28)に出席すると述べました。そして、大統領は、インドネシアの見解と気候変動克服における世界的な協力の重要性を伝える予定です。

特に、先進国の気候変動問題への取り組みは、主に実質ゼロ排出目標を達成するために行われています。今回のCOP28サミットで、私はインドネシアの経験を伝え、気候変動問題における世界的な協力の重要性と、開発途上国の持続可能な開発と社会福祉を確保するための包括的な移行の重要性を強調します。

大統領によると、COP28に対する世界の期待は非常に高く、世界の気温上昇を抑えるための真の世界的行動がとられることになるでしょう。今回の実務訪問中、大統領はまた、G77サミットと中国サミットでの「首脳会議:気候変動に直面した食料システムの変革」やいくつかの二国間会議にも出席する予定です。

 

30
November


インドネシアのマラフ・アミン副大統領は、二極化が進む世界でハラールビジネスは、イスラム諸国を団結させなければならないと述べました。マラフ・アミン副大統領は、火曜日の夜マレーシアのクチンで開催されたグローバル・ムスリム・ビジネス・フォーラムで、ハラール企業による経済貿易活動は、さまざまな世界的課題に対処し、世界各地のイスラム教徒の繁栄を促進することができると述べました。また、シャリア経済と金融の発展には、ウラマー(イスラムの人物)と国家からの強力な支援が必要であると述べました。

私は、このフォーラムに出席するすべての指導者に対し、包摂的な経済成長の実現に向けた協力を拡大し、強化するよう要請します。私たちの協力は、より多くの国を受け入れ、効果的かつ効率的な計画と実施とともに、平等で包括的で互恵的なパートナーシップの原則を優先する必要があります。

副大統領はまた、イスラム諸国に対し、世界のハラール産業の将来の発展方向に関してビジョンと使命を団結させるよう要請しました。副大統領は、ASEANが投資を呼び込むことができる統合ハラール・ハブ・エコシステムの先駆者になれることを期待しています。

29
November

インドネシアのマラフ・アミン副大統領は、1128日火曜日の夜、マレーシアのクチンでマレーシアのアンワル・イブラヒム首相と会談しました。マラフ・アミン副大統領は、午後630分頃に会談が行われたホテルに到着し、ホテルの2階会議室前でアンワル・イブラヒム首相に出迎えられました。次に両首脳が入場し、非公開で行われた会談が開始されました。会談中、両者はインドネシアとマレーシア間の既存の良好な協力を強化するためのさまざまな二国間問題について話し合いました。会談中、マラフ・アミン副大統領には、在マレーシアのインドネシア大使ヘルモノ氏、副大統領秘書室報道官マスドゥキ・バイドロウィ氏を含む多数の関係者が同席しました。この会談は、2023年の両国の高級指導者レベルでの会談としては3回目となります。以前、インドネシアのジョコ・ウィドド大統領とアンワル・イブラヒム首相は、西ジャワ州ボゴールとクアラルンプールで会談しました。

 

24
November


インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、1123日木曜日パプア州ビアク・ヌンフォールで開催された2023年のチェンドラワシ湾セイルイベントのハイライトに出席しました。大統領は、インドネシアの領土の約3分の2は海であると述べました。したがって、2023年の国家観光カレンダーに組み込まれたこのイベントのハイライト には、インドネシア、特にパプアの土地の海事、海洋、観光、社会文化の可能性を紹介することになります。パプアには豊かな自然があります。

太平洋地域のインドネシアのホームページであるパプアには、豊富な天然資源があり、チェンドラワシ湾は、インドネシアで最も豊かな海洋生態系を持つ地域であり、サンゴ礁の楽園、海洋生物の楽園です。

大統領は、このイベントを通じて、チェンドラワシ湾、文化、ダンス、音楽、パプアの地元産品を国内外のレベルに紹介できると付け加えました。大統領はまた、これによって観光客の訪問や投資家の関心が高まり、パプアの土地が発展することを期待しています。そして、この活動をさらに改善し、パプアのより多くの人々や零細・中小企業を巻き込むことができるとアドバイスしました 2023年のチェンドラワシ湾セイルは、20231121日から27日まで開催されます。

23
November


レトノ・マルスディ外相は、核兵器禁止条約法案の批准により、国際平和を促進するインドネシアの国家法的基盤が強化されたと述べました。核兵器禁止条約(TPNW)法案は、インドネシア国会の本会議で可決されました。これは、1122日水曜日ジャカルタで受け取った公式声明で、イギリス・ロンドンでのイスラム協力機構外相らとの活動の合間に、レトノ・マルスディ外相がかたったものです。

この批准により、我が国の法的基盤も国際平和を促進するために強化されます。TPNW法は、これまでに我々が批准したいくつかの国際文書、すなわち不拡散条約(NPT)、包括的核実験禁止条約(CTBT)、そして東南アジア非核兵器地帯条約(SEANWFZ)を補完するものとなるだろう。

レトノ ・マルスディ外相はまた、インドネシアは、アジア太平洋地域を代表するTPNW交渉会議の副議長の一人であると述べました。 そして、インドネシアは、TPNW に署名した最初の 50 か国の 1 つでもあります。現在までにTPNWには、93か国が署名しており、そのうちASEAN 6か国、すなわちカンボジア、ラオス、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナムを含む69か国が批准しています。

17
November


インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、APECビジネス諮問会議のASEAN幹部会で焦点となる可能性がある地域のエネルギー転換に関するものを含む3つの協力分野を伝えました。 1115日水曜日米国サンフランシスコで開催されたABAC ASEAN幹部会で、ジョコ・ウィドド大統領は、最初の焦点は、電気自動車産業の世界的ハブとなるためのASEAN協定を含むエネルギー転換の加速だと述べました。ジョコ・ウィドド大統領は、木曜日にジャカルタの大統領官房報道局が受け取った声明で、ASEAN幹部会はこの取り組みを強化する重要な部分となる可能性があると述べました。一方で、エネルギー転換には、投資支援や技術支援も必要であり、インド太平洋インパクト基金イニシアチブが重要な役割を果たす可能性があります。それとは別に、もう一つの重要な焦点は、カーボンニュートラルの達成の問題です。ジョコ・ウィドド大統領は、環境保護に対するASEANの取り組みに沿って経済が発展し続けなければならないと述べました。ジョコ・ウィドド大統領はまた、金融機関との協力を通じて国境デジタル決済の導入を加速するというASEANの取り組みを支援する/ASEAN幹部会の積極的な役割も奨励しました。そして、ASEANは世界の成長の中心となるための強力な資本を/備えた戦略的地域であると強調しました。

15
November


ジョコ・ウィドド大統領は、来年ジャカルタに分校を開設するという米国のジョージタウン大学の計画を歓迎しました。アンタラ通信社が報告したように、この声明は、114日火曜日にインドネシア外務省から送られた公式記録の中で、レトノ・マルスディ外相がかたったものです。米国政府は声明で、ジャカルタでワシントンD.C.の大学キャンパスの開設は、米国、インドネシア、ASEAN 加盟国の政策立案者に学位プログラムを提供することを目的としていると述べました。ホワイトハウスは、このキャンパスの開設が、環境、開発、ガバナンス、安全保障の分野でインドネシア、米国、東南アジア間の人材育成と研究能力の構築に役立つことを期待しています。以前、ジョコ・ウィドド大統領は、ジョージタウン大学で公開講演を行い、約700人の参加者が出席しました。

 

10
November


アイルランガ・ハルタルト経済調整大臣は、水曜日ジャカルタで開催された第14ASEAN連結性シンポジウムで、連結性がASEAN地域の統合経済発展の鍵だと強調しました。したがって、政策を立てるだけでなく、ASEANのインフラと連結性が直ちに実現できるように、実際に政策を実行する必要があります。アイルランガ大臣によると、ASEAN 経済は過去 10 年間に良好なパフォーマンスを示しているということです。連結性によって支えられた ASEAN の平均 4% 5% の成長も、2023 年と今後数年間のアジア経済の回復力を促進するでしょう。東アジア・アセアン経済研究所(ERIA)の渡辺哲也所長は、アイルランガ大臣の意見に同意したと述べました。渡辺氏は、ASEANの連結性がASEANのパンデミック後の復興戦略の基礎であることが証明されており、これには政策調整、資源の共同化、パートナーシップの形成が含まれ、地域の回復力を強化してより強固なものとなると述べました。アイルランガ大臣はシンポジウムで、今年のインドネシアのASEAN議長国の勢いでDEFAが発足すれば、2030年までにASEANのデジタル経済の価値は、1兆ドルから2兆ドルへと倍増すると述べました。

09
November


ジョコ・ウィドド大統領は、インドネシアの総選挙は介入しやすい、あるいは他党からの干渉を受けやすいと言われていることを否定しました。ジョコ・ウィドド大統領は、118日水曜日ジャカルタで2023年総選挙主催者向け国家調整会議の開会式で、インドネシアにはアチェからパプアまで84万の投票所があり、多くの証人によって監視されていると説明しました。

私たちの総選挙は、簡単に介入できると多くの人が言っています。どこから介入されたのか?各投票所には、政党の証人がいます。すべての投票所には、政党の証人がいます。また、投票所近くに警察官もいます。

ジョコ・ウィドド大統領は、2024年の総選挙はアチェからパプアまで84万の投票所で行われる史上最大の民主党選挙だと述べました。 2024 年の選挙の実施における課題も大きいです。なぜなら、選挙ガバナンスに説明責任があり、誠実であることが保証されるだけでなく、分配体制やセキュリティ体制も実施できるからです。したがって、ジョコ・ウィドド大統領は、名誉選挙管理者評議会、総選挙委員会、選挙監督機関、地方監察チームに対し、民主主義のプロセスを混乱させる可能性のあるものをしっかりと管理、監督し、是正する勇気を持つよう要請しました。さらに、ジョコ・ウィドド大統領は、名誉選挙管理者評議会に対し、政治的温度が前向きで安全かつ平和に保たれるよう革新し、国民の声に耳を傾けるよう要請しました。

Page 5 of 61