Program Highligt

Program Highligt (671)

12
October


インドネシアのマルフ・アミン副大統領は、火曜日にジャカルタの副大統領官邸で、在インドネシア米国大使ソン・ヨン・キム氏の訪問を受けました。会談中、副大統領は、インドネシアのG20議長国に対する米国の支持に感謝の意を表しました。副大統領は、火曜日のジャカルタでの声明で、来月バリで開催されるG20サミットにジョー・バイデン大統領が出席することが確認されたことに感謝の意を表しました。困難な世界経済状況の中で、G20 は失敗してはなりません。このため、G20 首脳宣言は、来たるべきサミットの結果として非常に重要です。インドネシアと米国の二国間関係について、マルフ・アミン副大統領は、貿易を含むさまざまな分野で関係が進展していると述べました。 2022 年のインドネシア産業省の報告によると、米国は 2020 年と 2021 年にインドネシアの 2 番目に大きな貿易相手国になるということです。

 

10
October

産業省は、ジョコ・ウィドド大統領から貿易実績の改善を命じられており、その 1 つは、非伝統的な国への輸出市場に取り組むことです。これに応えて、ズルキフリ・ハサン産業大臣が出発し、2022109日と10日の2日間続いたカタールへのインドネシア貿易代表団を率いました。一連の貿易ミッションで、産業大臣は、ビジネスフォーラムに出席し、貿易協定の模索を開始しました。合計 11 人のビジネス関係者が貿易ミッションに参加しました。インドネシアの主力製品には、パーム油とその誘導体、紙製品、自動車、電池、食品と飲料、家の装飾、手工芸品、衣類、美容製品が含まれます。ズルキフリ・ハサン大臣は、非伝統的な国への輸出市場への浸透を継続し、パートナー国との貿易協定を利用して国の輸出を増やすという彼のコミットメントを強調しました。

 

07
October


ジョコ・ウィドド大統領は、木曜日にバリ島ヌサドゥアで開いた3回世界創造経済会議WCCEを通じて、グローバル回復のためのバリ創造経済ロードマップが/作成されることへの希望を表明しました。創造的経済セクターは、より広いコミュニティの生活水準を向上させるための解決策になります。

インサート:私は、創造経済は、地理的境界、性別、人種、経済的階層を壊す能力を通じて、人々の生活水準を持続可能な方法で改善するための解決策になると信じています。創造経済は、すべての人にとって包括的な経済成長を後押しする柱となる可能性があります。

ジョコ・ウィドド大統領は演説で、第3回世界創造経済会議(WCCE)が包括的で持続可能な国内および世界の経済回復のプロセスを加速するために、グローバル回復のためのバリ創造経済ロードマップを作成することを望んでいます。WCCE は、社会のさまざまな要素Penta Helixの約 1,000 人の関係者と世界の創造経済の政策立案者を巻き込むことで、包括的な創造ミッションを推進するための手段として 2018 年に開始された世界的なイニシアチブです。会議は、2022 10 5 日から 7 日にかけてバリ島ヌサドゥアで開催されました。

06
October


ジョコ・ウィドド大統領は、インドネシア国軍TNIとインドネシア警察POLRIに対し、食糧、エネルギー、金融危機に対処するための政府の取り組みを支援するよう命じました。これは、水曜日ジャカルタのムルデカ宮殿で行われた TNI 77 周年記念式典の演説で、ジョコ・ウィドド大統領が語ったものです。大統領はまた、TNI POLRIが、食糧自給を達成させ、インフレを抑えるための政府の取り組みを支援するよう要請しました。 TNI POLRIは、コミュニティがさまざまな種類の課題に直面する際に最適に機能できるよう、防御とセキュリティを維持する必要もあります。大統領は、TNI 77 周年のお祝いを述べました。この TNI の記念式典では、F16 航空機の「フライパス」、巨大な赤と白の旗とトリマトラ旗を運ぶヘリコプター、ジュピター航空機のアクロバット飛行など、インドネシア空軍の航空機アトラクションのデモンストレーションも行われました。TNI には、数十台の戦闘車両と主要な武器システムの「隘路」も保持されています。

 

05
October


政府と国会( DPR )の第 6 委員会は、インドネシア政府とアラブ首長国連邦政府との間の包括的経済連携協定( IUAE-CEPA)の批准について話し合うことに合意しました。これは、アフリカ、中東、中央アジア、東欧への輸出実績を強化するためです。これは、火曜日ズルキフリ・ハサン産業大臣との国会6委員会作業会議の結論で述べられました。IUAE-CEPA の公約には、インドネシアのアラブ首長国連邦への輸出の 99.6% に対する関税の撤廃と削減、インドネシアのアラブ首長国連邦へのサービス輸出が 6% 増加、。ハラル認証、中小企業、デジタル経済、共同研究の相互承認を強化するための協力を含む、イスラム経済学の分野を含む経済協力の確立が含まれます。

 

03
October


在米国のインドネシア大使ロサン・ロスラニ氏は、米国のワシントンDCでインドネシア独立77周年を記念して外交レセプションを開催した際、両国の民主主義の原則における歴史的な近さと類似性を強調しました。アンタラ通信社が引用したように、ロサン・ロスラニ大使は、ワシントンDCのインドネシア大使館からの声明で、インドネシア独立宣言の精神は、1945年憲法と多くの中から、1つという米国に属するE Pluribus Unumに生きます。これは、Bhinneka Tunggal Ika のモットー、すなわち多様性の中の団結と同義だと述べました。ロサン・ロスラニ大使によると、世界情勢が不確実性に満ちている中、世界のさまざまな課題を克服するためには、協調と協力がますます重要になっているということです。このイベントには、米国のジーナ・ライモンド商務長官も主賓として出席しました。ジーナ・ライモンド商務長官は演説で、インドネシアのG20議長国としての成功と、インドネシアとの協力と協力関係を強化し続けるという政府のコミットメントに対する米国政府の全面的な支持を強調しました。

30
September

 

ジョコ・ウィドド大統領は、インドネシアは G20 フォーラムのメンバー国と地域の中で最高の経済成長を達成したと述べました。ジョコ・ウィドド大統領は、木曜日にジャカルタで開催された 2023 年の経済の説明に出席したとき、第 2 四半期に前年比で 5.44% 成長する可能性があると推定しました。大統領は、G20加盟国で5%以上成長した国はないと付け加えました。この成果により、大統領は、すべての関係者に対し、インドネシアの経済回復傾向の継続について楽観的になるよう呼びかけました。そして彼は、インドネシアが簡単ではない世界的な課題に直面していることを認めましたが、すべての問題を克服する方法は常にあると主張しました。

29
September

 

スルタンテルナテ49世であるヒダヤトゥラ・シャーは、ジョコ・ウィウィドド大統領にカイシル・ジョコ・ウィドド・ダダ・マドポ・ラモまたはテルナテ帝国家の貴族の王子であり、国民に支持されている偉大な国家の指導者としての称号を与えました。授賞式は、水曜日に帝国宮殿で行われました。スルタンテルナテは、大統領がインドネシア国家を率いる上で常に健康と安全が与えられるように祈りました。これは、水曜日テルナテで、テルナテ帝国宮殿ファニーラ、リサール・エフェンディ氏が語ったものです。その称号の授与は、ジョコ・ウィドド大統領が北マルク州西ハルマヘラ県と/ティドレ諸島市テルナテ市を一連の実務訪問を行う前に、スルタンテルナテであるヒダヤトゥラ・シャーによって与えられました。慣習的な称号を受け取った後、ジョコ・ウィドド大統領はバーケサン海事市場と職業生産性訓練センターに向かい、社会扶助を与えるために、受益者への賃金補助支援の分配を調べました。

28
September


ジョコ・ウィドド大統領は、すべての観光関係者に対し、このセクターがより回復力を持ち、人々の生活を豊かにする方法を一緒に考えるよう呼びかけました。これは、火曜日にバリで開催された第 42 回世界観光デーの記念式典でのバーチャル演説で、ジョコ・ウィドド大統領によって伝えられました。大統領はまた、観光セクターに対し、包摂的で持続可能な世界経済の成長を目指し続けるよう助言しました。観光部門はまた、環境にやさしく、地元の文化を持続的に保存し、地域社会の積極的な役割を関与させなければなりません。大統領はまた、インドネシアが第42回世界観光デーのお祝いの主催国になったことに対して国連世界観光機関(UNWTO)がインドネシアに与えた信頼に感謝しました。大統領はまた、世界の観光機関に協力を呼びかけ、投資家にインドネシアで包摂的で質の高い持続可能な観光を構築するよう呼びかけました。

27
September

ジョコ・ウィドド大統領は、スタートアップ企業に対し、ロシアのウクライナ侵攻の結果としての食糧危機のために、まだ広く開かれており、さらに大きくなっていると考えられている食糧事業分野でチャンスをつかむことを奨励しています。現在のインドネシアのスタートアップ企業の人口の内、農業部門に従事しているのは、わずか 4% です。これは、月曜日バンテン州タンゲラン県BSD シティのインドネシア・コンベンション・エキシビションICE)ででの国有企業のスタートアップデーの開会式で、ジョコ・ウィドド大統領によって伝えられました。ジョコ・ウィドド大統領は、これからの食糧危機や食糧事情の問題は、技術で解決しなければならない大きな問題になり、それは、チャンスだと強調しました。大統領は、インドネシアのビジネスマンに、食糧危機を別の視点から見るように求めました。一方では 大きな問題ですが、他方、観察力があり、それを利用する勇気のある人にとって、それはチャンスになります。

Page 5 of 48