Program Highligt

Program Highligt (671)

04
November


ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、インドネシアのG20議長国を称賛しました。これは、113日水曜日にジョコ・ウィドド大統領との電話会談で、プーチン大統領から伝えられました。ロシア通信社TASSのウェブサイトで引用された声明でクレムリンのプレスサービスは、彼らが1115日と16日にバリ島で開催される予定のG20サミットについて話し合ったと報告しました。ロシアは、エネルギーと食料安全保障の強化、バランスの取れたエネルギー移行の確保、世界経済のデジタル変革、医療サービスの改善などの差し迫った問題について、インドネシアの建設的で非政治的な G20 のリーダーシップを称賛しました。さらに、プーチン大統領は、G20 で一貫して統一アジェンダを推進するジョコ・ウィドド氏の個人的な立場を歓迎しました。しかし、1031日月曜日、プーチン大統領は、バリで開催される G20 サミットに出席するかどうかを決定していません。TASS によると、プーチン大統領とジョコ・ウィドド大統領の間の電話での会話は、インドネシアによって開始されたということです。

03
November


ジョコ・ウィドド大統領とプラボウォ・スビアント国防大臣は、112日水曜日にケマヨランのジャカルタ国際博覧会で開催されたインド防衛博覧会という国際防衛装備展示会に出席しました。ジョコ・ウィドド大統領とプラボウォ大臣は、特殊部隊コマンド(コパスス)からの救助活動のデモンストレーションを見学しました。インドネシア国軍はまた、最新兵器を多数展示しました。そのうちの 1 つは、インドネシアの将来の防衛装備計画に含まれているダッソー・ラファール戦闘機です。イベントでは、タイガー戦車、コモド戦術車両、マウン戦術車両、アノア・リカバリー戦術車両など、いくつかの国産防衛装備システムも展示されました。プラボウォ大臣は、このイベントには、59 カ国から数百の武器会社が参加したと述べました。彼によると、このイベントは、インドネシアが軍事分野で様々な国と協力を開始した証拠だということです。

02
November


マルフ・アミン副大統領と彼の妻のウーリー・マルフ・アミンと限られた側近は、火曜日に中東に向けて出発し、一連の実務訪問を行いました。副大統領スポークスマン、マスドゥキ・ベイドロウィ氏は、火曜日にジャカルタでのプレスリリースで、副大統領は、アラブ首長国連邦のムハンマド・ビン・ザイード・アル・ナヒヤーン大統領との会談やエジプトでの COP 27 気候変動サミットへの出席など、アラブ首長国連邦で多くの議題を実行すると述べました。112日水曜日、副大統領は、ムハンマド・ビン・ザイード・アル・ナヒヤーン大統領と会談し、アブダビのアル・シャティ宮殿でインドネシアとアラブ首長国連邦の間の多くの戦略的問題について話し合う予定です。さらに、副大統領はまた、エミレーツ・パレス・ホテルでアブダビ平和フォーラムの会長兼事務総長と会談し、第9回アブダビ平和フォーラム会議でスピーチを行う予定です。水曜日の午後、副大統領とその側近は、一連の他の活動を行うためにドバイに向けて出発します。

31
October

インドネシア国内および外交政策研究センター (Centris) の上級研究者である AB Solissa 氏は、G20 サミットの勢いにより、インドネシアは大国になる可能性があると述べました。AB Solissa 氏は、日曜日じゃかるたでの書面声明で、これは、ジョコウィ大統領がインドネシアを国際舞台で大国にするための良い勢いだと説明しました。この重要な役割を活用する必要があります。さらに、2022 11 月にバリ島で開催される G20 サミットでの各国首脳会議は、世界平和の実現に向けた弾みとなります。彼は、ロシアとウクライナを襲った戦争と、来年起こると予測される経済不況の脅威の真っただ中で、G20 諸国のすべての指導者が共同で対応しなければならないと説明しました。ジョコ・ウィドド大統領は、G20 フォーラムで世界を和解させる立場を取ることができ、評価されるべき当然のことです。


28
October


インドネシアの西ジャワ州バンドンで世界国民代表評議会フォーラムを設立するための国際会議は、7 つのポイントを獲得しました。この合意の7つのポイントは、「バンドン宣言」に記載されています。インドネシア国民協議会のバンバン・ソエサチョ議長は、1026日水曜日の会議の閉会式で、インドネシアを含む15カ国の代表者と共に宣言文を読み上げました。バンドン宣言の7つのポイントには、インドネシア国民協議会フォーラム、シュラ評議会、シュユク議会、またはその他の同様の議会機関を、イスラム協力組織の加盟国の議会連合の一部として設立するためのインドネシア国民協議会の提案に同意することが含まれています。さらに、パレスチナ問題は、パレスチナ人の独立と自決権が達成され、国際的な法的枠組みに従ってエルサレムを首都とする独立したパレスチナ国家が設立されるまで、フォーラムとイスラム教徒のウンマの中心的な問題であり続けます。

27
October


公共事業国民住宅省は、世界銀行と協力して、インドネシアの極度の貧困撲滅プログラムを実現しています。その 1 つは、多くの地域で居住不可能な家屋の質を改善することです。公共事業国民住宅省の住宅局長イワン・スプリジャント氏は、水曜日ジャカルタでの書面声明で、極度の貧困撲滅の加速に関する 2022 4 号大統領命令を引き続きフォローアップし、また、全国で手ごろな価格の住宅プログラム、自助刺激剤住宅プログラムの実施を通じて、居住できない住宅の質を向上させると述べました。イワン氏は、実施場所の 1 つは、バンテン州のタンゲラン県で、564 戸の住宅があり、援助額は 112 8000 万ルピアだと説明しました。

 

26
October


米国政府は、引き続き G20 議長国としての取り組みを全面的に支持するとともに、インドネシアとの二国間経済協力の強化を奨励します。火曜日のジャカルタでの声明を通じて、この支援は、1024日に米国ワシントンDCで開催されたアイルランガ・ハルタルト経済担当調整大臣と国家安全保障問題担当大統領補佐官のジャック・サリバン氏との間の二国間会議で議論されました。両国は、現在の世界情勢のダイナミックな課題の中でG20サミットを開催することにより、前向きな結果が得られることを期待しています。アイルランガ大臣は、2022 11 15 日と16 日にバリで G20 サミットを開催する際に、インドネシアの G20 議長国が達成する成果に対する米国の支援をインドネシアが歓迎することを強調しました。

25
October

インドネシアのJoko Widodo大統領は、インドネシア政府は、パレスチナ解放のための闘いにおいて 派閥の和解プロセスを促進する用意があると述べました。大統領は、独立を勝ち取るためのインドネシア国民の努力において、団結が最も重要な側面であることを思い出させました。大統領は月曜日、西ジャワのボゴール大統領官邸での会談の後、パレスチナのMohammad Shtayyeh首相と共の記者会見で こう述べました。大統領はまた、パレスチナが国連の正式会員として受け入れられることに対するインドネシアの支持を 再び強調しました。この姿勢は、インドネシアとパレスチナの密接な関係から 切り離すことはできません。さらに、パレスチナは、インドネシアの独立を最初に認めた国の 1 つでもあります。

24
October


スアハシル・ナザラ副財務大臣は、タイのバンコクで開催された第 29 回アジア太平洋経済協力APEC)財務大臣会議で、COVID-19 の後、インドネシアは、経済成長の新たな源泉を見つけ、構造改革を継続すると述べました。これは、日曜日公式声明で、ナザラ副大臣が語ったものです。ナザラ副大臣は、インドネシアは3つの出口戦略を実施したと付け加えました。すなわち、国家予算(APBN)の赤字をパンデミック前のレベルに戻すこと、中央銀行の流動性を確保すること、COVID-19による引き締め後に健全な監督政策を回復することです。

 

21
October


インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、政府は、錫の輸出を停止することを計画すると述べました。しかし、計画の実行は、まだ準備中であり、最初の計算を待っています。大統領は、大統領官房のYouTubeで放送されたように、1020日木曜日にバンカ・ブリトゥン州の西バンカ県で錫社のTop Submerged Lance Ausmelt の建設を視察したとき、彼の錫社への訪問は、錫の川下化に対する政府の真剣さを示しました。大統領によると、Top Submerged Lance の建設は、 11 月に完了するため、下流の錫の動きは、すぐに他の鉱山製品に続くということです。しかし、大統領は、錫の輸出を停止する前の準備と計算が当事者に損害を与えないことが重要だと強調しました。そして、この国の付加価値が高まり、できるだけ多くの雇用機会が創出されることを望んでいます

 

Page 4 of 48