Program Highligt

Program Highligt (846)

30
January


気候変動はインドネシアを含む多くの国にとって重要な問題です。しかし、資金の問題は依然として議論の余地があり、解決されていません。これは、129日月曜日ジャカルタで行われたIIFのアニバーサリー ダイアログで、スリ・ムリャニ財務大臣が語ったものです。スリ・ムリャニ大臣は、誰でもそ、れについて議論することができ、旅行で二酸化炭素を排出する可能性があると述べました。しかし、持続可能な資金がなければ問題を解決することはできませんし、インドネシアは国際フォーラムで常にこの問題について発言していると述べました。スリ・ムリャニ大臣は株主に対し、多国間銀行の関与や二国間開発、慈善活動が規制や官僚活動を妨げるべきではないと助言しました。スリ・ムリャニ大臣は、国内ではインドネシアは炭素交換の実施を開始したと明らかにしました。一方、ASEAN の脈絡では、インドネシアは持続可能な金融のためのASEANのタクソノミー(分類)を構築し続けています。

26
January


インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、125日木曜日、西ジャワ州ボゴール大統領宮殿でタンザニア連合共和国サミア・スルフ・ハッサン大統領の訪問を受けました。会談の議題は、大統領宮殿の前庭で行われたサミア大統領と側近らの歓迎式典から始まりました。二国間会談の議題は、ボゴール大統領宮殿の裏庭に平和の木を植樹することで終了しました。サミア大統領の訪問は、20238月のジョコ・ウィドド大統領のタンザニア国賓訪問への反応です。インドネシア外務省のプレスリリースは、両首脳の会談は、貿易、投資、石油とガス、鉱物、エネルギー、ブルーエコノミーの分野で両国の潜在的な協力関係のフォローアップに関連していると述べました。サミア大統領は、3人の閣僚と多分野で活動する131人の経済界代表団を連れてきました。彼らは、木曜日にジャカルタで開催されるタンザニア・インドネシア・ビジネス・投資フォーラムに出席する予定です。このフォーラムはインドネシア商工会議所との協力の成果です。

25
January


インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は水曜日、ジャカルタのハリム・ペルダナクスマ空軍基地で、国防省からインドネシア空軍へのC-130J-30スーパー・ハーキュリーズ航空機の象徴的な引き渡しに立ち会いました。この航空機は、プラボウォ・スビアント国防大臣からインドネシア国軍(TNI)ファジャール・プラセチョ空軍参謀長官に引き渡されました。ジョコ・ウィドド大統領は、C-130J-30スーパー・ハーキュリーズ航空機は、短い滑走路が多いインドネシアに適していると述べました。

インサート :はい、C-130Jスーパー・ハーキュリーズ航空機の引き渡しに立ち会いました。これらは発注された輸送機であり、戦争目的でも非戦争目的でも不可欠なものです。この航空機は、120人の兵士と20トンを運ぶことができ、島国であるインドネシアのような大きな国にとっては非常に良いことです。滑走路が短い空港もありますが、このスーパー・ハーキュリーズは着陸でき、11 時間ノンストップで飛行できます。

このハーキュリーズ航空機は、インドネシア空軍の輸送機部隊を強化するために国防省が発注した5機のうちの4号機です。インドネシアの防空能力の向上と最適化を図る取り組みとして、インドネシア国防省はC-130J-30スーパーハーキュリーズ航空機5機の調達プログラムを無事完了しました。この調達は、インドネシア空軍を強化するための国防省による戦略的措置です。

18
January


ジョコ・ウィドド大統領は、117日水曜日の午後、ヌサンタラ首都(IKN)にあるインドネシアラジオ放送局(RRI)ミニスタジオで初の放送を行いました。ジョコ・ウィドド大統領のRRIスタジオへの出席は、ヌサンタラ首都における一連の画期的な就任式や多くのプロジェクトの起工式の一環です。ジョコ・ウィドド大統領は、RRIIKNへの出席を歓迎しました。

皆さんこんにちは、私はこのヌサンタラ首都にRRIスタジオがあることをとても嬉しく思います。これにより、開発、植樹、インフラ開発など、ヌサンタラ首都の開発に関する情報を提供できるようになります。このヌサンタラ首都の発展について、全国の人々が聞く必要があると思います。

その際、大統領はヌサンタラ首都のすべての人々の発展に対する期待を表明しました。 RRI のおかげで、アチェ州からパプア州に至るすべてのインドネシア人は、ヌサンタラ首都の発展を知ることができます。大統領はまた、IKN817日独立記念日式典を実施する計画についても伝えました。

17
January


インドネシア外務省は、パレスチナ領土におけるイスラエルの行動と政策に関して、インドネシアが国際裁判所に勧告的意見を提出するための検討事項として、専門家協議を開催しました。インドネシアのレトノ・マルスディ外相は、116日火曜日ジャカルタのインドネシア外務省事務所での討論の開会式で、インドネシアはパレスチナ独立のための闘争を支援するためにあらゆる努力をしてきたと述べました。そのうちの一つは、国際裁判所の法的ルートを介したものでした。レトノ・マルスディ外相によると、外務省はガザ地区とヨルダン川西岸でイスラエルが犯した国際法違反に関する協議参加者の意見を聞きたいとしているということです。

ご列席の皆様、今朝の会議は非常に重要です。私と外務省は、イスラエルの違反は容認できないという国際法の基礎と原則について、国際法の専門家からの意見を聞きたいと考えています。イスラエルがパレスチナに対して犯したあからさまな国際法違反を世界に示すための包括的かつ国際法に準拠した法的見解を構築するには、国際法の専門家の意見が必要です。

レトノ・マルスディ外相は、インドネシアはジェノサイド条約の締約国ではないが、パレスチナに対するイスラエルの最近の行動について裁判所に苦情を申し立てる南アフリカを支持していると付け加えました。レトノ・マルスディ外相によると、70年に及ぶイスラエルの占領はパレスチナ人の独立の権利を変えていないということです。レトノ・マルスディ外相はまた、219日に国際司法裁判所で口頭陳述を行うと述べました。

 

16
January


インドネシアが先進国になるためには、豊富な天然資源だけに頼るのではなく、質の高い人材、科学技術、革新を必要としています。これは、115日月曜日スラバヤ国立大学グラハで開催された第29回キャンパス大会および2024年インドネシア学長フォーラムの第25回年次総会に出席した際、ジョコ・ウィドド大統領が語ったものです。

先進国になるには、豊富な天然資源だけでは十分ではありません。最も重要なことは、まず質の高い人材が必要であるということです。第二に、質の高い科学技術と革新が必要であり、どちらも大学の重要な任務となり 大学教員、学長、そして私たち全員の任務です。

今回の 年次フォーラムは、「2045年黄金のインドネシアに向けて、優れた革新的かつ適応力のある人材の創出における大学の役割」をテーマとしています。大統領は、世界的な力関係の展開はますます不確実性を増しているため、大学はインドネシアの人々と文化を重視した開発戦略を調和させるために、世界的な政治的不確実性の対処法を策定する必要があると述べました。

12
January


インドネシア海事・投資調整省は、2024518日から24日にかけてバリ島ヌサドゥアで開催される第10回世界水フォーラムに32人の国家元首を招待し、3万人の参加者を目標にしています。海事・投資調整省の環境・森林管理担当副官ナニ・ヘンディアルティ氏は、111日木曜日ジャカルタでの声明で、世界水フォーラムはテーマ別の話し合いをするだけでなく、地域的、政治的な観点からも包括的なアプローチをとった国際フォーラムだと述べました。第10回世界水フォーラムの開催を支援するため、ジョコ・ウィドド大統領は20231号大統領令を発令しました。ナニ氏は、水問題はここ数年国際的な関心事となっていると説明しました。実際、この問題はアラブ首長国連邦ドバイで開催された国連気候変動枠組条約の締約国会議でも議論されました。同氏によると、水問題は食料安全保障との関連性から話し合うことが重要だということです。

11
January


ジョコ・ウィドド大統領は、110日水曜日、フィリピンのマニラのマラカニアン宮殿でフィリピンのフェルディナンド・マルコス・ジュニア大統領と会談しました。会議では、いくつかの合意が合意されました。マラチャナンテレビで放映されたように、ジョコ・ウィドド大統領は共同声明を発表した際、両首脳の間で政治、経済、地域の分野で3つの合意があると述べました。

まず、政治と安全保障の分野です。私たちは、国境協力を強化することで一致し、国境警備協定、越境協定、大陸棚境界の修正の加速を促すとともに、防衛装備品を含む防衛協力を強化することの重要性を伝えてきました。

ジョコ・ウィドド大統領は、経済貿易協力に関して、両首脳が市場アクセスを開放し、インドネシアからのコーヒーの輸出を保証することに合意したと説明しました。ジョコ・ウィドド大統領は、インドネシアがインドネシアのコーヒー製品に対する特別な船舶警備措置に関してフィリピンに支援を求めたと付け加えました。ジョコ・ウィドド大統領はまた、フィリピンにおける重要なインフラの構築におけるインドネシアの国有企業に対するフィリピンの信頼に感謝の意を表明しました。一方、この地域に関して、ジョコ・ウィドド大統領は、両首脳は単なる専門用語ではないASEANの団結と中心性を強化することの重要性について一致したと述べました。ジョコ・ウィドド大統領は、ASEANは引き続き国際法の原則を遵守し、平和、安定、繁栄を維持するために積極的な力を維持しなければならないと述べました。

10
January


ジョコ・ウィドド大統領は、19日火曜日から114日日曜日まで東南アジア3か国を実務訪問しています。大統領が訪問する国は、フィリピン、ベトナム、ブルネイ・ダルサラーム国です。ジョコ・ウィドド大統領は、19日火曜日ジャカルタのハリム・ペルダナクスマ空軍基地での記者声明で、今回の訪問は5年ぶりだと述べました

今日の午後、私と限られた代表団は、フィリピン、ベトナム、ブルネイ・ダルサラームを実務訪問する予定です。私がこれら 3 か国を最後に訪問したのは、 5 年以上前で、彼らはインドネシアを訪れていました。おそらく首相も大統領も一度ならず、二度、三度、もしかしたら五度も訪れています。

大統領特別参謀調整官アリ・ドウィパヤナ氏によると、19日ジャカルタの大統領官邸で、ブルネイ・ダルサラームへの二国間訪問は、スルタン・ハッサナル・ボルキアの招待に応えるためだということです。同氏によると、これは、ブルネイ国王の前回のインドネシア訪問への反応でもあったということです。それとは別に、大統領は実務訪問中にアブドゥル・マティーン王子の結婚式に出席する予定です。アブドゥル・マティーン王子は、スルタン・ハサナル・ボルキアの末息子です。アリ氏によると、大統領のASEAN加盟3カ国訪問は、友好関係と協力を強化するためだということです。

03
January


ジョコ・ウィドド大統領は、現在世界的にスーパーエルニーニョ現象の影響を受けている米価格は、国家米備蓄戦略の実施のおかげで抑制されていると述べました。ジョコ・ウィドド大統領は、12日火曜日中部ジャワ州のプルウォレジョ伝統市場で食品価格を検討している際に、世界22カ国が米の輸出を停止する原因となっているスーパーエルニーニョの影響を受けている米の価格を確認しました。ジョコ・ウィドド大統領は、インドネシアの米価格上昇は、各地の食糧庁倉庫における供給管理戦略のおかげで、他国で起きたほど急激ではなかったと認めました。

どの国も米価の上昇を経験しましたが、我が国では他国ほど急激な上昇ではありませんでした。現在、食糧庁の株価は非常に良好なので、抑制できます。昨年末時点ではまだ百四十万トンでございましたが、これもまた戦略備蓄に加えられるということで、本当に安全だと考えております。なぜなら、確かに収穫は少し遅れるからです。

昨年1222日にジャカルタで行われたインドネシア経済見通しの議題において、ジョコ・ウィドド大統領は、スーパーエルニーニョ現象の影響下での2024年に国家食糧備蓄を強化するため、インドネシアはインドとタイから300万トンの米を輸入すると述べました。ジョコ・ウィドド大統領はインドから100万トン、タイから200万トンを加えた米の輸入枠に関する合意が、2024年の国家食糧事情に安心感をもたらすと信じています。

Page 4 of 61