Wednesday, 29 May 2024 10:31

インドネシアの大統領はOECD事務総長と会談し、3年後のインドネシアの加盟について話し合った

Written by 
Rate this item
(0 votes)


ジョコ・ウィドド大統領は、528日火曜日ボゴール大統領宮殿で経済協力開発機構(OECD)のマティアス・コーマン事務総長と会談しました。彼らは、とりわけ、3年以内にこの組織の正式メンバーになるというインドネシアの取り組みについて話し合いました。アイルランガ・ハルタルト経済調整大臣は、大統領事務局のYouTubeアカウントでの放送を通じた報道声明で、インドネシアは3年以内にOECD加盟国になることに尽力していると述べました。アイルランガ大臣は、大統領がインドネシアのOECD常任理事国への加盟を加速するためのチームを結成したと述べました。これは、インドネシアのOECD加盟準備・加速のための国家チーム、またはアイルランガ大臣が議長を務め、スリ・ムリャニ財務大臣およびルトノ・マルスディ外相が同行するOECD国家チームに関する202417号大統領令に基づくものです。

Read 114 times