Program Highligt

Program Highligt (846)

21
September


レトノ・マルスディ外相は、政治がアフガニスタンに平和と繁栄を生み出すための連帯を妨げるすべきではないと述べました。レトノ・マルスディ外相は、政治の上には人間性があると強調しました。この声明は、919日火曜日米国ニューヨークの国連本部で開催されたアフガニスタンの女性と少女との世界的連帯に関する首脳会議に出席中に、レトノ・マルスディ外相が語ったものです。レトノ・マルスディ外相は演説で、全員が一つの目的のためにここに来ました、それはアフガニスタンの女性と少女への連帯を示すためであると述べました。また、アフガニスタンの女性と少女の状況は、非常に憂慮すべきものであると述べました。

問題は私たちが何をするかです。私たちは、政治のせいで支援を差し控え、何もせずに傍観するつもりなのでしょうか?。一方、何百万ものアフガニスタンの女性と少女が苦しんでいます。あるいは、政治に関係なく、彼らを助けるためにできることは何でもするかどうか。それが2番目の選択肢だと思います。

レトノ・マルスディ外相はまた、アフガニスタンに対するインドネシアの貢献を伝えました。

基本的にインドネシアが貢献しようとしていることが3つあります。まず、人道制度、第二に、ウラマーの役割、第3に、特に女性と少女における教育分野です。

レトノ・マルスディ外相は、ユニセフと協力してアフガニスタンに1,000万回分のポリオワクチンを送るという形で人道支援、アフガニスタンの聖職者と経験を共有し、女性に教育と訓練を提供すると説明しました。

20
September


インドネシアのレトノ・マルスディ外相は、持続可能な開発目標(SDGs)の達成状況は、世界平均のSDGs達成状況よりも高いと述べました。これは、918日月曜日ニューヨークでの国連総会の活動に関する記者会見で、レトノ・マルスディ外相が語ったものです。外務省は、火曜日声明で、インドネシアのSDGsの達成状況については、国家開発計画庁(バペナス)のデータに基づくと、2021年から2024年までのSDGsプログラム行動計画の合計216指標のうち63%が達成されていると述べました。レトノ・マルスディ外相は、インドネシアはSDGs達成に向けた取り組みを国家中期開発計画と連携させること、SDGs目標を村レベルまでローカル化すること、超党派パートナーシップの強化、革新的な開発資金を動員するなど、SDGsの達成を加速するための様々な努力を行っていると述べました。レトノ・マルスディ外相は、国連が発行した2023年のSDGs報告書によると、世界のSDGs目標のうち軌道に乗っているのはわずか12%で、50%の進捗が遅く、30%が停滞または後退していると述べました。

19
September

 

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、大気汚染レベルを下げるためにジャカルタにできるだけ多くの木を植えるよう人々に呼びかけました。これは、月曜日ジャカルタで開催された2023年環境、気候、森林、新・再生可能エネルギー(LIKE)フェスティバルのピーク時に、ジョコ・ウィドド大統領が語ったものです。大統領によると、政府は気候変動の影響を予測して、環境を回復するためにさまざまな取り組みを行ってきたということです。これらの取り組みには、種子苗床の施設の建設が含まれています。政府は、ジャカルタ近郊のボゴール県ルンピンに 年間600万の種子を生産する苗床の施設を建設しました。政府はまた、東カリマンタン州の新しいインドネシア群島の首都、つまり北ペナジャム・パセルのメンタウィルに苗床 施設を建設します。さらにバリ島のデンパサールに600万本の苗木を収容できる苗床施設も建設します。デンパサールの 種子の苗床は、2022年のバリサミットでもG20指導者らに披露されました。G20指導者らはバリ島での苗床のプロセスに驚きました。


13
September


観光・創造経済省は、観光・創造経済の世界を取り巻く最新の動向に関する包括的な情報を提供する「2023年から2024年の観光と創造経済の見通し」を発表しました。サンディアガ・サラフディン・ウノ観光・創造経済大臣は、火曜日公式声明で、観光・創造経済省の戦略政策担当副官が提示した製品は、観光・創造経済のビジネスマンが2023年から2024年の戦略計画を立てる際のガイドとして利用できると述べました。サンディアガ大臣はまた、ディスカッション・グループ・フォーラムを通じて2023年から2024年の観光見通しについてさらに深く議論するための内容のレビューを奨励しました。その結果、観光・創造経済部門の発展のための戦略やプログラムに関する多くの勧告が生まれました。観光・創造経済省の戦略政策担当副官デッシー・ルハティ氏は、今年、反響を呼んできた革新の精神と協力の精神を持ち込んでいると説明しました。このガイドでは、観光・創造経済分野のさまざまなリーダーや専門家の見解を示す専門家調査を紹介します。

08
September


ジョコ・ウィドド大統領は、現在世界が直面している世界情勢について懸念を表明しました。 97日木曜日ジャカルタで行われたアントニオ・グテーレス国連事務総長との二国間会談で、大統領は、世界は国連が世界平和を創造することに大きな期待を抱いていると述べました。大統領はまた、この地域の平和維持に向けた東南アジア諸国連合(ASEAN)と国連との相乗効果を奨励しました。平和を維持し、ミャンマー問題を含む地域の重要な問題に対処するには、ASEANと国連の間に相乗効果が必要です。インド太平洋に関して、ジョコ・ウィドド大統領は、ASEANは具体的な協力に変換されたインド太平洋に関するASEANの見解の実施を通じてインド太平洋地域に貢献してきたと述べました。一方、国連事務総長は、ASEANおよびG20におけるインドネシアの並外れたリーダーシップと外交努力に感謝の意を表明しました。アントニオ・グテーレス国連事務総長は、国連とインドネシアおよびASEANとの間の協力を発展させ続けることを決意しました。

07
September


ジョコ・ウィドド大統領は、エネルギー転換とデジタル変革プロセスを支援するために地域の安定を維持することの重要性を指摘しました。この 2 つが ASEAN・韓国パートナーシップの主要な柱です。96水曜日ジャカルタで開催された第24ASEAN・韓国首脳会議での演説で、大統領は、パートナーシップの将来は地域の安定が維持される場合にのみ達成できると述べました。

将来のパートナーシップは、地域の安定が維持され、緊張と対立が軽減され、戦略的信頼が強化され、企業の習慣が改善された場合にのみ達成されます。これはインド太平洋地域の私たち全員の責任であり、ASEAN・インド太平洋フォーラムに対する韓国の支援に感謝します。そして、インド太平洋地域の安定と繁栄を維持するための包括的な協力の明確な現れです。

ジョコ・ウィドド大統領はまた、ASEANの化石エネルギー源の78%への依存を削減する必要があると述べました。大統領によると、同時に、今後10年間でASEANのデジタル経済は、同地域の国内総生産(GDP)に1兆米ドルの貢献をすると推定されているということです。しかし、エネルギー転換とデジタル変革には多大な投資と技術移転が必要なため、それを実現するには協力とパートナーシップが必要だということです。24ASEAN・韓国首脳会議には、韓国のユン・ソク・ヨル大統領とともにASEAN諸国の首脳が出席しました。

06
September

 

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、ASEANは特にインド太平洋地域におけるさまざまな世界的課題や地政学的な対立から無縁ではないと述べました。したがって、ジョコ・ウィドド大統領によると、ASEAN・インド太平洋フォーラムは、競争のパラダイムを有益な協力に変えるために実施されたということです。これは、95日火曜日ジャカルタで開催された2023ASEAN・インド太平洋フォーラム(AIPF)での演説で、ジョコ・ウィドド大統領が語ったものです。ジョコ・ウィドド大統領によると、AIPFは、すべての人に利益をもたらし、誰一人取り残さない協力の習慣を構築できることも期待されているということです。

世界経済が低迷する中、ASEAN経済が回復力があることが証明されたことを私たちは感謝すべきです。そして、世界経済の成長や他の地域を超えて成長を続けています。人口68,000万人のASEANは、有望な投資機会を持つ潜在的な市場でもあります。しかし、私たちの地域は、さまざまな世界的な課題や先鋭化する地政学的な対立、特にインド太平洋における潜在的な紛争から無縁ではありません。したがって、ASEAN ・インド太平洋フォーラムは、対立関係を有益な協力に変え、誰もが排除されていると感じることなく、双方に有利な方式で協力する習慣を築くためにここにあります。

ジョコ・ウィドド大統領は、AIPF 2023には3つの主要な議題があると付け加えました。すなわち、レジリエンスを備えたグリーンインフラとサプライチェーン、持続可能な資金調達とイノベーション、そしてデジタル変革と創造経済です。ジョコ・ウィドド大統領はまた、382億米ドル相当の93件の協力プロジェクトと178億米ドル相当の73件の潜在プロジェクトが集まったASEAN諸国の支援と貢献に感謝の意を表明しました。ジョコ・ウィドド大統領によると、これは平和で安定し、繁栄したインド太平洋地域の構築に向けた協力を実施するというASEAN諸国の共同のコミットメントを示しているということです。

01
September


インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、20242029年に任期を務める次期大統領に対し、現在/政府が運営している下流産業を止めないよう助言しました。このメッセージは、831日木曜日バンテン州タンゲラン県で開催された/2023年インドネシア若手起業家協会の第18回全国作業会議の開会式で、ジョコ・ウィドド大統領が語ったものです。欧州連合、世界貿易機関、国際通貨基金からの圧力にもかかわらず、大統領は次期大統領に対し、辞任せず、立ち止まらないよう求めました。ジョコ・ウィドド大統領は、世界貿易機関を通じて欧州連合が起こした訴訟でインドネシアが敗訴したにもかかわらず、原材料の輸出停止による産業の下流化を継続するよう求めました。世界貿易機関とは別に、国際通貨基金は、政府に対し、ニッケル輸出禁止政策を撤廃し、他の商品にも適用しないことを検討するよう求めています。国家開発計画省や国家開発計画庁の計算に基づくと、下流化が停止した場合、インドネシアは 2045 年またはインドネシアが黄金期に達する頃には、 1 人当たり約 25,000 米ドルの収入を失うことになります。

31
August


ジョコ・ウィドド大統領は、ジャカルタ、ボゴール、デポック、タンゲラン、ブカシ地域の大気汚染を克服するには、共同の努力が必要だと述べました。大統領は、水曜日中部ジャワ州スマランの州立職業高等学校を訪問した後記者会見で、大気汚染問題を解決するために多くのことがなされるだろうが、それは段階的に実施されるだろうと説明しました。大統領は、政府は大気汚染を減らすために気象改革や、オフィスエリアでの植林を強化する努力をしてきたと述べました。大気汚染を減らす取り組みとして、政府はまた、州公務員に対する在宅勤務規制の実施を検討し、蒸気発電所の運転に対する監督を強化し、自動車の排出ガス試験を実施しています。大統領は、産業界がガス排出規制規制に従わず、周辺地域の大気質の低下を引き起こした場合、制裁の対象となると付け加えました。

30
August


ジョコ・ウィドド大統領は、国際スーフィー会議は寛容さと多様性を維持できる国としてのインドネシアに対する世界の信頼を高めていると述べました。これは、火曜日午後、中部ジャワ州ペカロンガン市で国際スーフィー会議の開会式で、ジョコ・ウィドド大統領が語ったものです。さらにジョコ・ウィドド大統領は、この会議はインドネシアのイスラム教がもはや片隅にあるのではなく、非常に戦略的な役割を果たしており、平和で調和のとれた世界文明の構築に貢献していることを証明する重要な意味を持っていると付け加えました。ジョコ・ウィドド大統領はまた、インドネシアの安全、繁栄、発展のために導き祈り続けている聖職者や宗教指導者たちに感謝の意を表明しました。ジョコ・ウィドド大統領は、寛容な態度と調和して維持されなければならない多様性があることを思い出させました。ジョコ・ウィドド大統領によると、互いに影響し合う穏健な態度が多様性の中に団結を生み出すということです。不寛容の事例がまだいくつかあり、それは共通の懸念事項であるに違いないが、ジョコ・ウィドド大統領は、インドネシアの寛容性を高めるようすべての当事者に訴えました。

 

Page 7 of 61