Wednesday, 21 February 2024 07:49

大統領は選挙は順調に進んだ、投資は増加すると楽観的だと明言

Written by 
Rate this item
(0 votes)


ジョコ・ウィドド大統領は、2024年の総選挙は順調に実施されたと考えられるため、投資が増加することを期待しています。ジョコ・ウィドド大統領は、220日火曜日ジャカルタのセント・レジスで開催された金融サービス業界の会議で、インドネシアの選挙後の政治状況は世界情勢よりも良い傾向にあると評価しました。ジョコ・ウィドド大統領は、ウクライナやパレスチナなど、今も激化しているいくつかの国での戦争と比較しました。大統領は、政治の年におけるインドネシアの経済回復力を高く評価しました。ジョコ・ウィドド大統領は、銀行資本の水準が地域諸国の平均を27.69 %上回る水準に達していると述べました。大統領はまた、銀行信用の伸びが前年比10.38%であることも強調しました。ジョコ・ウィドド大統領はまた、インドネシアの経済成長率が5.05%であることを賞賛しました。それとは別に、インフレ率は2.57%で抑制されていると述べました。インドネシアの外貨準備高は、1450億ドルです。インドネシアの貿易収支は、360億ドル(570兆ルピア)の黒字となりました。

 

Read 84 times