Thursday, 22 February 2024 06:56

大統領は質の高いジャーナリズムのための出版者の権利に関する大統領令を発令

Written by 
Rate this item
(0 votes)


インドネシア共和国のジョコ・ウィドド大統領は、質の高いジャーナリズムをサポートするデジタルプラットフォーム企業の責任に関する202432号大統領規則、または出版者の権利に関する大統領令を発令しました。大統領は、この規制の発布は、国内の質の高いジャーナリズムと従来のメディア産業の持続可能性を実現するための政府の取り組みの一つだと述べました。 220日火曜日ジャカルタのアンチョールで行われた2024年国家プレスデー記念式典の最中に、大統領は、この大統領令を通じて、インドネシア政府も国内メディア産業の持続可能性を確保したいと述べました。

インサート :私たちは、質の高いジャーナリズム、ネガティブな内容とは程遠いジャーナリズム、インドネシアの進歩について教育するジャーナリズムを求めています。私たちはまた、国内メディア産業の持続可能性を確保したいと考えています。報道各社とデジタル・プラットフォーム企業とのより公平な協力を求めています。私たちは、報道会社とデジタルプラットフォーム間の協力のための明確な枠組みを提供したいと考えています。

大統領は、大統領令は報道の自由を縮小したり報道内容を規制したりすることを目的としたものではないと強調しました。この大統領令では、政府はジャーナリズムの質を向上させるために、報道各社とデジタルプラットフォームとの取引関係を規制しています。さらに大統領は、政府は国内報道会社に対する解決策や政策を模索し続けていると述べました。その1つは、ブディ・アリエ・セティアディ通信情報技術大臣に対し、政府の広告費を報道各社に優先的に支出するよう指示することです。

Read 112 times