Friday, 23 February 2024 08:21

インドネシアは、MIKTA外相会議の議長を務め、中大国としてのMIKTAの役割を強化することを奨励

Written by 
Rate this item
(0 votes)


インドネシアのレトノ・マルスディ外相は、メキシコ、インドネシア、韓国、トルコ、オーストラリアからなるMIKTA外相会議の議長を務めました。 222日木曜日ジャカルタで受け取った声明で、レトノ・マルスディ外相は、中間勢力としてのMIKTAの役割を強化する重要性を強調していると述べました。それとは別に、レトノ・マルスディ外相によると、MIKTA は地域を越えたグループとして多様性を活用する必要があるということです。

インサート :MIKTAは、特に招集力として、それぞれの地域の緊張緩和に貢献しなければなりません。例えば、東南アジアの安定と平和の維持に貢献し続けようとするインドネシアの役割を例に挙げてみましょう。

さらに、レトノ・マルスディ外相は、MIKTAは世界課題を克服するために、より具体的なプロジェクトを生み出すことができなければならないとも述べました。レトノ・マルスディ外相によると、MIKTAの具体的なプロジェクトの実現により、グローバルガバナンスにおけるMIKTAの役割が増大するということです。会議中、インドネシアはMIKTA議長の職をインドネシアからメキシコに引き継ぎました。

Read 102 times