Program Highligt

Program Highligt (846)

07
June


ズルキフリ・ハサン貿易大臣は、火曜日ジャカルタでの書面声明で、インドネシア・アラブ首長国連邦包括的経済連携協定(IUAE-CEPA)が20238月初旬に実施できると楽観的であると述べました。ズルキフリ大臣は、アラブ首長国連邦のアフメド・ビン・アリ・アル・サイエグ国務大臣との会談で、20221226日に批准完了についてインドネシアに通知したアラブ首長国連邦に感謝しました。一方、インドネシアのIUAE-CEPA批准プロセスは、最終段階に達しており、大統領令を通じて批准される予定です。 IUAE-CEPAの進展について議論することとは別に、両当事者は相互への支持を表明しました。アフメド・ビン・アリ・アル・サイエグ大臣は、ASEAN議長国としてのインドネシアへの支持を表明しました。ズルキフリ大臣はまた、2024年にアブダビで開催される第13回世界貿易機関閣僚会議を主催するアラブ首長国連邦への支持を表明しました。アラブ首長国連邦は、インドネシアにとって19番目の輸出先国であり、18番目の輸入元です。20231月から3月までの両国間の貿易総額は、113000万米ドルを記録しました。この期間中、インドネシアのアラブ首長国連邦への輸出は、61,531万米ドル、アラブ首長国連邦からのインドネシアの輸入は、51,609万米ドルと記録されました。

31
May

 

スリ・ムリャニ財務大臣は、2024年のインドネシアの経済成長は、世界経済の見通しに影響されると述べました。この声明は、2024年予算案のマクロ経済政策と財政政策原則において5.35.7%の経済成長を想定しているという同派の見解に応えるものです。スリ・ムリャニ大臣は、火曜日ジャカルタで開催されたインドネシア国会総会で、開放経済システムを持つ国として、国内経済成長の見通しは、世界経済のダイナミクスと見通しに影響されると強調しました。スリ・ムリャニ大臣は、2024年の世界経済成長の見通しは、一次産品価格の穏健化に伴い改善すると予想されると説明しました。世界経済は、2023 年の 2.8% から 2024 年には 3.0% へと成長が加速すると予想されています。貿易量は、2023年の2.4%から2024年には3.5%に増加すると予想されています。経済見通しの改善により、来年の輸出実績は、再び強化されることが予想されます。政府は、さらなる川下産業製品がインドネシアの輸出製品の競争力を支えることができると楽観的です。

 

29
May

重要鉱物の問題をインド太平洋経済枠組み(IPEF)の柱となる議論に含めるというインドネシア政府の提案は、世界経済の40パーセント以上を占める、同フォーラムの加盟国から支持を得ました。アイルランガ・ハルタルト経済調整大臣は、528日日曜日の声明で、インドネシアの提案は、ASEAN7カ国と同時に、オーストラリアからも肯定的な反応を得たと述べました。重要鉱物とは別に、アイルランガ大臣はまた、IPEF加盟のASEAN諸国ともに、インドネシアが、IPEFの協力の枠組みによる、自由で開かれた貿易と投資を拡大する取り組みを支援することを伝えました。一方、IPEFの開会式で、キャサリン・タイ米国通商代表は、202311月のIPEF首脳会議までに、第1の柱のいくつかの事項が合意できるよう期待しています。タイ米国通商代表によると、米国はIPEFの第1の柱の交渉において重要鉱物の問題について検討したいと考えており、今後の議論においてIPEF加盟国の積極的な役割を期待しているということです。米国はIPEFを通じて、加盟国間で重要鉱物を入手できるようにしたいと考えています。

25
May


ジョコ・ウィドド大統領とイラン・イスラム共和国のセイエド・エブラヒム・ライシ大統領は、2023523日火曜日、西ジャワ州ボゴール大統領宮殿で行われた二国間会談で、世界の地政学的状況について話し合い、多くの協力について合意しました。二国間会談後の報道声明で、ジョコ・ウィドド大統領は、両首脳がパレスチナ人民の闘いを引き続き支援し、アフガニスタンの危機を克服することで合意したと説明しました。我々は、アフガニスタンの女性に対する教育へのアクセスに声を上げ続け、人道支援を提供し続けることにより、パレスチナ人民の闘いを支援し、アフガニスタンの人道危機を克服し続けることに同意します。ジョコ・ウィドド大統領は、保健分野における二国間協力に関して、インドネシアとイランは、遠隔ロボット操作のパイロットプロジェクトを実施することで合意したと付け加えました。また、11 のプスケスマで遠隔医療とパイロット機器の協力のためのパイロットプロジェクトも実行されています。さらに、ジョコ・ウィドド大統領は、経済分野において、インドネシアとイランが特恵貿易協定に署名したと説明しました。

 

24
May


ジョコ・ウィドド大統領は火曜日、西ジャワ州ボゴール大統領宮殿でイラン・イスラム共和国セイエド・エブラヒム・ライシ大統領の国賓訪問を歓迎しました。エブラヒム・ライシ大統領とその代表団は、西インドネシア時間午前1030分頃にボゴール宮殿に到着しました。ジョコ・ウィドド大統領とセイエド・エブラヒム・ライシ大統領は、少なくとも10の協力協定に署名する予定です。火曜日にモニターされた大統領官房によると、10件の協力には、優遇貿易協力、科学技術・革新協力、外交・公務旅券所持者へのビザ免除協力などが含まれるということです。また、ハラール商品保証協力、税関協力、医薬品、生物医学、伝統医学、化粧品、食品における協力、麻薬の違法取引撲滅への協力、文化交流協力も行っています。2022年のインドネシアとイラン間の貿易協力額は、25,720万米ドルに達することが知られています。この数字は2021年から23パーセント増加しました。セイエド・エブラヒム・ライシ大統領と側近は、2023524日水曜日までインドネシアに滞在する予定です。

19
May


観光・創造経済省は、海外にインドネシアの海外移住者に対し、「ワンダフル・インドネシア」ブランドを通じて国際市場で同国の観光と創造経済の可能性を積極的に宣伝するよう呼びかけています。サンディアガ・サラフディン・ウノ観光・創造経済大臣は、水曜日ジャカルタでの声明で、インドネシアにおける観光創造経済の可能性を促進するには、海外に居住するインドネシア人を含む様々な関係者との強力な協力が必要だと述べました。サンディアガ・ウノ大臣は、相乗効果と協力を強化することで、観光創造経済部門がより強力に成長し、2023年に外国人観光客850万人の目標を達成でき、インドネシア国民に経済的利益をもたらすことができると強調しました。サンディアガ・ウノ大臣によると、強力な協力により、インドネシアの観光創造経済部門は、 COVID-19パンデミック下でも生き残ることができ、国際社会から多くの前向きな反応を得るまでに発展することができたということです。

18
May


バンカ・ブリトゥン諸島州国家工芸協議会(デクラナスダ)は、ロンボク国際モデスト・ファッション・フェスティバル(リムオフ)でチュアル織物と零細・中小企業の手工芸品を宣伝し、地元コミュニティの典型的な手工芸品のマーケティングを拡大する予定です。バンカ・ブリトゥン諸島州デクラナスダ議長マヤ・スガンダ・パサリブ氏は、水曜日パンカルピナンで、これは伝統的な布地を国際的に宣伝する機会だと述べました。マヤ・スガンダ氏は、ロンボク国際モデスト・ファッション・フェスティバルへの道の活動は、202376日から9日まで観光部門と地域経済、特に中小零細企業を奨励するために西ヌサトゥンガラ州政府によって開催されると説明しました。マヤ・スガンダ氏によると、現在、バンカブリトゥンの多くのビジネス関係者がチュアル織物の開発に真剣に取り組んでおり、平均してファッションの世界に浸透しているということです。

17
May


インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、火曜日にカンボジアのプノンペン国家オリンピック・スタジアムで行われた2023SEAゲームズ決勝でインドネシアがタイを52で破った後、SEAゲームズでの男子サッカー金メダルを待ち望むことの終わりを歓迎しました。火曜日の夜、彼の公式ツイッターアカウント@jokowiを通じて、ジョコ・ウィドド大統領は、インドラ・シャフリ選手のチームが金メダルを獲得した成功を祝うとともに、感謝の意を表しました。大統領はまた、インドネシアが男子サッカーで今回32年ぶりに再び金メダルを獲得したと述べました。インドネシアは通常時間の試合が22の引き分けで終了した後、15分間×2回の延長戦を行い、タイを52で破りました。カンボジアでの成功は、1987年のジャカルタSEAゲームズと1991年のマニラSEAゲームズに次いで、インドネシアにとって3つ目のSEAゲームズ男子サッカー金メダルとなりました。男子サッカーにおけるこの功績は、2023年カンボジア大会SEAゲームズでインドネシア代表の87個目の金メダルとなり、青少年スポーツ省が設定した金メダル60個の目標と、除隊式でジョコ・ウィドド大統領に預けられた金メダル69個の目標を上回りました。

12
May

インドネシア・マレーシア・タイ成長トライアングル(IMT-GT)協力フォーラムは30周年を迎え、3カ国8,500万人が参加するゴールデン・トライアングルの協力フォーラムに変貌しました。ジョコ・ウィドド大統領は、世界的な危機にも関わらず、2021年のIMT-GT貿易額がなんとか6,180億米ドルに達したことに感謝の意を表明しました。511日木曜日に東ヌサトゥンガラ州ラブアン・バジョで開催された15IMT-GTサミットの開会式の演説で、ジョコ・ウィドド大統領は、IMT-GTが包括的で持続可能な経済成長の原動力であり続けるよう奨励しました。なぜなら、今後の課題は容易ではなく、不確実性が依然として高いからです。競争は依然として激しく、世界経済ショックによるドミノ効果は依然として脅威となっています。 2036年のIMT-GTビジョンを達成するために、特に競争力、接続性、観光、投資を強化することによって、協力の精神を広めましょう。IMT-GT会議後、ジョコ・ウィドド大統領は、2023年から2025年までのインドネシア・マレーシア・タイ成長トライアングル訪問年を開始しました。大統領は、パンデミックが世界の観光セクターに壊滅的な打撃を与えたと述べました。 IMT-GT3か国でも、海外からの観光客の数は90パーセント以上減少しました。しかし、同氏によると、昨年以来、外国人観光客の移動が最大9億人に増加するなど、観光部門は回復し始めており、今後も増加すると予測されているということです。したがって、ジョコ・ウィドド大統領は、IMT-GT諸国に対し、インフラ、革新的なブランディング、デジタル観光の開発に焦点を当て、機会をつかむために迅速に行動するよう奨励しました。大統領によると、これにより、タフで包括的かつ持続可能な観光エコシステムを強化できるということです。

11
May


ジョコ・ウィドド大統領は、カンボジアの開発に関与したいというインドネシアの願望を表明しました。これは、510日水曜日、東ヌサトゥンガラ州ラブアン・バジョで42ASEANサミットの合間に、カンボジアのフン・セン首相を迎えた際、ジョコ・ウィドド大統領が語ったものです。これは水曜日、ルトノ・マルスディ外相によって伝えられました。経済協力を拡大し続けるというインドネシアのコミットメントには、カンボジアの開発、特にインフラの開発に関与したいというインドネシアの願望が含まれています。さらに、ルトノ・マルスディ外相は、フン・セン首相との会談で、ジョコ・ウィドド大統領も、インドネシア政府が人身売買、特にオンライン詐欺の被害者となったインドネシア国民を救わなければならなかった際に提供されたカンボジアの支援に感謝の意を表明したと述べました。レトノ・マルスディ大臣は、大統領がインドネシアが人身売買、特にオンライン詐欺の被害者となったインドネシア国民を救わなければならなかった際のカンボジアの援助に感謝の意を表明したと付け加えました。さらに、レトノ・マルスディ外相は、二国間会談中、ジョコ・ウィドド大統領も、昨年、カンボジアがASEAN議長国を務めたことに祝意を示したと述べました。大統領はまた、今回のインドネシアの議長国に対するカンボジアの支持を高く評価しました。

Page 10 of 61