Program Highligt

Program Highligt (671)

25
March


世界議会フォーラム、列国議会同IPU)は、2022320日から24日にかけてバリ州ヌサドゥアBICCで開催された144回列国議会同盟会議の議長を務めたとき、インドネシア共和国国会議長のプアン・マハラニ氏のリーダーシップを称賛しました。この称賛は、列国議会同盟の指導者、すなわち列国議会同盟のドゥアルテ・パチェコ大統領と列国議会同盟のマーティン・チョンゴン事務総長、および115か国の議会を代表する代表者によって伝えられました。メキシコ議会を代表する代表団、マリソル・ガルシア・セグラ氏は木曜日に、プアン氏の演説を議会会議の議長として刺激的であると語りました。木曜日のアンタラ通信社が引用したように、マリソル氏は、平等についてのプアン氏の演説には、素晴らしいアイデアが含まれており、特にCOVID19パンデミックの際に女性が直面する状況を知っていると述べました。彼はまた、議会に平和の文化を構築することを奨励するというプアン氏の提案に同意しました。144回列国議会同盟会議の合間に、プアン氏は、エジプト、アラブ連盟、韓国、バーレーン、タイ、ティモール・レステ、クウェート、スリランカ、カタール、タンザニア、マラウィ、ガイアナの議員と二国間会議を開いました。

24
March


国際通貨基金(IMF)は、インドネシアが強力なマクロ経済パフォーマンスと堅固で包括的な政策対応に支えられているため、パンデミックの中で経済の安定と金融セクターを維持することに成功したと評価しています。水曜日にジャカルタで開催されたインドネシア中央銀行の公式声明に基づき、IMF評価の結果は、2022323日に発表された2021年第4条協議報告書に示されました。IMFによると、経済の安定を維持するための政府の対応は、緩和的な金融政策と信用を促進するための金融セクターにおける取り組みです。IMFの理事会は、2023年までに財政赤字の上限を徐々に3%に戻すという政府の公約を含む、インドネシアがとった様々な政策を高く評価しています。次に、インフレ率に注意を払いながら、時代を先取りするための金融政策に関するインドネシア政府の取り組みについてです。特にデジタル化と気候変動を緩和するための措置を通じて、金融市場の深化と包含を促進するためのインドネシア政府の努力も、IMFによって高く評価されました。

22
March


インドネシア国会議長のプアン・マハラニ氏は、第144回 列国議会同盟会議を主導するインドネシアの選択に感謝の意を表しました。月曜日にバリ州ヌサドゥアで開催された理事会で、プアン・マハラニ氏は、この機会を利用して、第144回列国議会同盟を透明かつ包括的な方法で主導すると述べました。

プアン氏は、インドネシア国会は強力な議会外交の重要性を認識していると述べました。プアン氏によると、議会は 国家間の相違の 架け橋となり、国際協力を強化することができるということです。また 多国間主義の強化を後押しし、一国間主義を拒否することも できるということです。

インサート1 :これは、民主主義を実行し、平和を維持し、人権を促進し、ジェンダー平等を促進し、持続可能な開発目標を達成するために、IPUが国会議員間の対話の有効性を証明したというIPUの目的に沿ったものです。

さらに、プアン氏は、各国には それぞれの 利益と議題があるものの 

IPUメンバーがIPU会議の共通の目標である利益にも注意を払うことを望んでいます。

インサート2:私は、私たちには それぞれ国益が ありますが、それでも 私たちの 共通の課題に 向き合う事を 願っています。

プアン氏はまた、すべてのIPUメンバーの支援により、144回目のIPU会議が期待されているように 成功するであろうと 楽観視しています。

18
March


インドネシア共和国のスリ・ムルヤニ・インドラワティ財務大臣は、ジェンダー平等は世界の国内総生産(GDP)にさらに11パーセントまたは12兆米ドルを提供する可能性があると述べました。スリ・ムルヤニ大臣は、317日木曜日にジャカルタで開催された/66回女性の地位に関する委員会(CSW66)のサイドイベントで、特に世界経済がCOVID-19パンデミックの影響から回復すれば、12兆米ドルは重要な数字だと述べました。スリ・ムルヤニ大臣は、これまでのところ、パンデミックは女性にとってより脆弱であるとされていたため、女性に非対称的な影響を及ぼしてきたと説明しました。スリ・ムルヤニ大臣によると、これは保健・社会セクターの労働者のほとんどが/女性によって支配されているためだということです。さらに、スリ・ムルヤニ大臣は、パンデミックの影響を最も受けたのが女性だった場合、子供にも影響が及ぶため、この回復は女性を優先しなければならないと付け加えました。そして、女性の潜在能力の促進が経済にさらに影響を及ぼし、28兆米ドルまたはGDP26%に達することを考慮して、世界経済は、特にジェンダーの観点から、より公平な回復を設計する必要があると強調しました。

17
March


ジョコ・ウィドド大統領は、インドネシアで組み立てられた最初の電気自動車、ヒュンダイ・モーター・マニュファクチャリング・インドネシア社製のIoniq5の発売を開始しました。ジョコ・ウィドド大統領は、水曜日西ジャワ州チカランで、チカランのヒュンダイ・モーター・マニュファクチャリング・インドネシア工場を開設する際、政府は化石燃料を使用する自動車から/環境に優しい電気自動車への大規模な移行を直ちに行いたいと述べました。ジョコ・ウィドド大統領によると、将来的には、電気自動車がインドネシアの主要な輸送手段になる必要があるということです。これには、後のヌサンタラ首都としても開発される環境に優しい輸送の基盤となることが含まれます。政府は、インドネシアにおける電気自動車へのあらゆる投資と、その上流産業、特にバッテリー産業の発展を常に支援します。

15
March


インドネシアのジョコ・ウィドド大統領とファーストレディのイリアナ夫人は、火曜日の午後まで、東カリマンタン州の北ペナジャム・パセルのヌサンタラの首都の場所でキャンプをします。これは、月曜日にジャカルタの記者団がショートメッセージで確認したときに、大統領事務局長のヘル・ブディ・ハルトノ氏が語ったものです。インドネシア先進内閣の多くの大臣、すなわちエリック・トヒル国有企業大臣、設備投資調整庁 長官であるバリル・ラハダリア投資大臣、バスキ・ハディムルジョノ公共事業・国民住宅大臣も同行しました。そのほか、国家開発庁 長官である スハルソ・モノアルファ国家開発計画大臣、プラモノ・アヌン内閣官房長官、首都当局のバンバン・スザントノ長官、首都当局のドニー・ラハジョエ副長官、東カリマンタン州のイスラン・ヌール州知事も同行しました。ヘル・ブディ氏は、大統領とファーストレディが夜を過ごすのに特別な食事はなかったと説明しました。お菓子やフルーツ以外に、官邸はテント内にインスタントラーメンも用意しました。

14
March


在ドーハのインドネシア大使館は、インドネシアの経済界と協力して、310日から14日にかけてカタールで開催の2022年の国際農業・環境展示会を盛り上げています。土曜日アンタラ通信社が引用したインドネシア大使館の声明は、在ドーハのインドネシア大使館が、AgriteQおよびEnviroteQとして知られる2022年のカタール国際農業・環境展示会に参加したと述べました。この展示会は、中東地域で最大の農業・環境見本市の1つです。インドネシアパビリオンは、第9回のEnviroteQと第3回のを迎えたAgriteQ展示会で、茶、コーヒー、鶏肉加工品、各種スパイス、モリンガ植物の各種最終製品など、様々なインドネシアの商品、農産物、畜産物を展示しました。展示会のインドネシアパビリオンはまた、7つの企業と2つのインドネシアの協会からのさまざまな食品および飲料製品を宣伝しました。在カタールのインドネシア大使リドワン・ハッサン氏は、2022年のAgriteQおよびEnviroteQ 展示会へのインドネシアのビジネスマンの参加は、カタールでのインドネシア製品の存在感を強化し、カタール市場でますます認識され受け入れられるようになると期待していると伝えました。

11
March


インドネシアのCOVID-19処理タスクフォースは、水曜日の午後の時点で、インドネシア人のワクチン接種完了者数が14,898万人に達したと報告しました。ワクチンの初回の接種完了者は19,241万人に達しました。他方、1316万人が3回目のワクチン接種を受けました。したがって、水曜日の時点で予防接種を受け終えた住民は、総目標28,26万人の71.53パーセントをカバーしています。アンタラが報告したように、Covid19処理タスクフォースのスポークスマンであるWiku Adisasmito氏は、ワクチンの供給を最大限に活用し、無駄にしないように、中央政府との調整を改善するよう地方自治体に要請しました。Wiku Adisasmito氏は、すでに利用可能なワクチンを最大限に活用するための主な鍵は、物流、ワクチン接種担当者、および必要な他の領域への再配布の側面をカバーする適切な計画であると強調しました。彼は、インドネシアは、世界でワクチンの供給とアクセスが限られている中で、世界で最初のワクチンの達成を上回り、世界のワクチンの完全な投与の達成にほぼ続いていることに感謝すべきだと述べました。

08
March


ジョコ・ウィドド大統領は、月曜日に西ジャワ州のボゴール大統領宮殿でアラブ首長国連邦の代表団の訪問を受けました。アラブ首長国連邦の代表団は、アラブ首長国連邦、エネルギー・インフラ大臣Suhail Mohammed Al Mazroei氏、 在インドネシアアラブ首長国連邦大使、Abdulla Salem Obaid Salem Al Dhaheri氏および42グループ株式会社、最高経営責任者Peng Xiao氏でした。この会談で大統領に同行したルフット・ビンサル・パンャイタン海事投資調整大臣は、アラブ首長国連邦代表団は モハメッド・ビン・ザイード王子からの特別招待を伝えるために出席したと述べました。その招待状は、3月末に開催される予定のアブダビとインドネシアの間の貿易協定の署名に立ち合うことです。大統領事務局のプレスリリースによると、会談はまた、インドネシアとアブダビ間の投資のフォローアップと、国の新首都開発への投資に参加するアラブ首長国連邦政府の準備についても話し合いました。

07
March


アグス・グミワン・カルタサスミタ工業大臣は、国内製品の使用を増やすためのプログラム(P3DN)の国家チームの日次議長として、省庁、地方政府、国有企業、および地方企業からなる利害関係者に一貫してP3DNを適用するよう要請しました。アグス・グミワン大臣は日曜日のジャカルタでの彼の声明で、P3DNは、国家によって管理されている資源の管理から、国民から得た予算を活用し、実際の経済部門に力を与えるという形で再管理するための、国の政策だと述べました、P3DNプログラムは、 P3DNプログラムは、歴史的に何十年にもわたって実行されてきた工業省のイニシアチブです。 2022年、ジョコウィドド大統領は、国内製品および零細・中小企業への支出目標を400兆ルピアで実施しました。

Page 10 of 48