Program Highligt

Program Highligt (834)

24
February


下流化は、鉱物や石炭の採掘部門だけでなく、農業、農園、漁業部門でも行われています。これは、木曜日に東カリマンタン州のバリクパパンで開催されたインドネシア州政府協会2023年国家作業会議で、ジョコ・ウィドド大統領が語ったものです。大統領は、農園分野の例を挙げました。通常、1 個あたり 10,000 ルピア~ 15,000ルピアで販売されている若いココナッツは、タイで販売されているようなココサム製品にすることで付加価値を高めることができます。大統領によると、インドネシアの人々は本当にそれを行うことができ、州知事はそれを奨励することができるということです。一方、水産分野では、魚は塩漬けの魚に加工するだけでなく、魚粉に加工すれば付加価値が高まるという例を挙げました。

23
February


国家航空会社のガルーダ・インドネシアは、人道支援便を 4 便運航することで、トルコとシリアへの 140 トンの援助物資の輸送を支援しています。ガルーダ・インドネシア航空会社社長のイルファン・セティアプトラ氏は、一連の人道支援飛行の運用は、国の使命を橋渡するフラッグ・キャリアとしてのガルーダ・インドネシア航空会社の貢献の形であり、特に人道的使命を通じて、つまり、友好国への支援のために、空へのアクセスと安全で快適な飛行サービスを提供すると述べました。イルファン氏は、水曜日ジャカルタでの声明で、ガルーダは、少なくとも 140 トンの援助物資を運ぶトルコとシリアへの人道支援便を4 便運航していると説明しました。援助は、国家災害管理庁を通じてインドネシア政府によって開始された物流ニーズ、食品、医薬品、および災害対応のニーズで構成されています。

22
February


 

Mahfud MD政治、法務、治安調整大臣は、インドネシアのジョコ・ウィドド大統領が深刻な人権侵害を裁判所に持ち込みたいと言っていると主張しました。Mahfud MD大臣は、この計画は、国家人権委員会が著しい人権侵害の事例の証拠を示すことができなかった後に議論されたと述べました。 2014年以来インドネシアを統治してきたジョコ・ウィドド大統領は、法廷で大量の人権訴訟を処理することを望んでいたと語りました。Mahfud MD大臣は、もし仮にそれらの事件の運命が、法廷に持ち込まれた以前の総重大な人権侵害の4つの事例と同じであった場合、ジョコ・ウィドド大統領は問題ではないと述べました。最高裁判所が最終的に被告を再び釈放した場合、政府は問題ではありません。 Mahfud MD大臣は、それらの案件をを最初に処理することを望んでいると強調しました。政府は最終決定を裁判所に提出します。それでも、その計画は実行されていません。司法長官は、政府の権威に関してジョコ・ウィドド大統領に判断を与えました。

 

17
February

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、インドネシアから海外への自動車輸出の増加を推進しています。これは、216日木曜日にジャカルタのケマヨランJIEXPO で開催される 2023 年インドネシア国際モーターショーの開会式で、ジョコ・ウィドド大統領が語ったものです。ジョコ・ウィドド大統領によると、インドネシアは車両輸出を増やすことで渋滞を緩和できるということです。このため、ジョコ・ウィドド大統領は、自動車産業全体がより輸出志向になるよう呼びかけました。そして、2021 年の 30 万台から 2022 年には 60 万台近くまで輸出が大幅に増加したと語りました。2023 年インドネシア国際モーターショーは、2023 2 16 日から 26 日まで開催され、45 以上の自動車業界ブランドが参加します。

16
February


ASEANの米国大使ヨハネス・アブラハム氏は、障害者の権利の確保と促進は、今年の米国と ASEAN 諸国間の協力の焦点の 1 つになると述べました。アブラハム大使は、米国政府は ASEAN パートナーとして、特にインドネシアと協力して、障害に関する対話を開始し、障害者の権利を広める ASEAN の取り組みを支援すると語りました。アブラハム大使は、火曜日ジャカルタで、「アクセシビリティの確立: 内部からの改革」をテーマにしたトークショーで、ASEAN 事務局との協力に関する米国政府の優先事項の 1 つは、ASEAN 全体で多様性、公平性、包括性、アクセシビリティの問題を広める ASEAN の取り組みを支援することだと説明しました。2023 年に ASEAN 議長国を務める間、障害問題もインドネシアの焦点となっています。米国国務省の多様性と包含最高責任者ジーナ・アバークロンビー・ウィンスタンリー氏は、米国では、全労働力の 12% が障害者であり、対象となる労働力の 2% が障害者であることを義務付けていると述べました。

15
February

スリ・ムリヤニ財務大臣は、日本はシナリオと進捗の両面で、インドネシアのヌサンタラ国家首都(IKN)の開発に非常に関心があると述べました。これは、火曜日にジャカルタでオンラインでモニターされたIMF-JICA合同会議の記者会見で、スリ・ムリヤニ大臣が語ったものです。日本企業と日本政府は、これまでのところ、IKN 開発計画に注目し続け、エネルギー部門、特に正味ゼロ炭素排出とさまざまなインフラに関連する再生可能エネルギーなどの懸念事項を日和見的に検討してきました。同じ機会に、在日本のインドネシア大使のヘリ・アフマディ氏は、今月、IKN の開発について話し合うために、日本でいくつかの会議が開かれることを明らかにしました。2023 2 24 日に、森林都市の観点から IKN のテクノクラティックなコンセプトを議論する会議が開催されます。その後、2023 2 26 日にビジネスフォーラムが開催され、IKN 開発計画と、投資家に提供されるすべての機会とインセンティブについて詳細に説明されます。

10
February


インドネシアとマレーシアは、この商品に対する差別を克服することを含め、パーム油セクターを保護し続けることに合意しました。パーム油に対する差別を克服するための努力は、同時に、パーム油に影響を与える一方的な政策への対応でもあります。これは、木曜日にジャカルタでマレーシアのダト・スリ・ファディラ・ユソフ農業・商品大臣と会談した後の記者会見で、アイルランガ・ハルタルト経済担当調整大臣が語ったものです。この会談では、政策対話を通じて主要なパーム油輸入国の関与を利用することが合意されました。この戦略は、インドネシアの持続可能なパーム油システムとマレーシアの持続可能なパーム油が世界市場で広く認知されることを目的としています。この戦略には、持続可能なパーム油に関する円卓会議に関連して、そのような認識を求めることも含まれています。

09
February


ジョコ・ウィドド大統領は、エルニーニョ現象の可能性に加えて、地方警察署長と軍事地域司令官にそれぞれの地域での森林火災と土地火災を予測するよう再度通告しました。これは、水曜日にジャカルタのスルタンホテルで開催された2023 年のインドネシア国軍TNIとインドネシア警察POLRIリーダーシップ会議に出席した後、ジョコ・ウィドド大統領が語ったものです。ジョコ・ウィドド大統領は、リアウ、北スマトラ、カリマンタンなど、森林火災や土地火災が発生しやすい多くの地域に警告を発しました。大統領によると、この地域の気温の上昇は、 2 月末から来年の 3 月にかけて始まるということです。ジョコ・ウィドド大統領は、かつて地方警察署長と軍事地域司令官に、彼が率いる地域で森林火災と土地火災が発生した場合、彼らをその地位から外すと警告しました。2023 年の TNIPOLRI リーダーシップ会議では、ジョコ・ウィドド大統領がブリーフィングと指示を行いました。大統領は、TNIPOLRI が、特に 2024 年の政治年を前に、連帯と助長を維持できることを強調しました。

08
February


インドネシア政府は、レトノ・マルスディ外相を通じて、トルコで発生した地震災害に対する哀悼の意を表するために、トルコのメヴルート・コヴソグル外相と連絡を取りました。これは、27日火曜日、外務省のオフィスでの記者会見で、外務省のスポークスマンであるテウク・ファイザシャ氏が語ったものです。さらに、テウク・ファイザシャ氏は、インドネシア政府は、在トルコアンカラのインドネシア大使館を通じて、影響を受けた地域のインドネシア国民に関するデータを収集し続けていると述べました。

インサート :外相は、パートナーであるトルコの外務大臣と連絡を取り、2023 2 6 日の自然災害の犠牲者に哀悼の意を表しました。2023 2 7 日、10 人のインドネシア国民が負傷したと記録されています。 4人は病院で治療を受けており、6人は治療のためにアンカラに避難しました。

一方、シリアでも感じられた地震に関して、在ダマスカスのインドネシア大使 Wajid Fauzi 氏は、在ダマスカスのインドネシア大使館が、地震の影響を受けたインドネシア国民の居場所を確保するために、アレッポとハマにチームを派遣したと述べました。彼は、在ダマスカスのインドネシア大使館は、シリアでの地震の犠牲者であるインドネシア国民の所在に関する報告を受けていないと述べました。現地時間26日月曜日417 分にマグニチュード 7.8 の地震が発生しました。この地震は、トルコとシリアの一部を激しく揺さぶりました。

03
February


英国のアンドリュー・ボウイ輸出大臣は、インドネシアのジョニー・G・プレート通信情報技術大臣と会談し、インドネシアのデジタル変革について話し合い、技術エコシステム部門における両国間の関係を強化しました。この会談は、2023 3 13 日から17 日にかけて/ジャカルタとバンコクで開催される第 1 回の英国・東南アジア技術週間の準備も目的としています。アンドリュー・ボウイ大臣は、21日水曜日ジャカルタでの演説で、両国間のビジネスは増加しており、両国は、デジタル変革の分野で協力を発展させたいと述べました。

インサート:両国間のビジネスは、活況を呈しています。私は、事実調査や休暇のためにここにいるわけではありません。私は、強さを補い、価値を付加し、橋渡しをし、より多くの取引を成立させるためにここにいます。そのため、本日、ジョニー・G・プレート大臣と会談し、JETCO の下に初のデジタル経済作業部会を設立しました。さらに、3 月に開催される最初の英国・東南アジア技術週間のための財団が設立されます。そこでは、きれいな技術からスマート・シティ・セキュリティに至る 20 人の英国の起業家をジャカルタに招き、インドネシア全土の生活を向上させることができます。

ボウイ大臣は、このイベントは、 ASEAN・英国デジタル変革協力の重要な部分であり、デジタル貿易政策の促進と発展に焦点を当てるものであると付け加えました。

Page 12 of 60