Program Highligt

Program Highligt (671)

28
April


イスラム協力機構(OIC)の加盟国の常任代表のレベルでの臨時会議を通じてインドネシアは、パレスチナの解放と独立への支持を集めます。火曜日にジャカルタで受け取ったOICに関するインドネシア共和国常駐代表からの情報は、インドネシアの要請により、OIC臨時会議は、425日月曜日にジェッダのOIC本部で開催されたと述べました。臨時会合は、サウジアラビアがOIC委員会の最高責任者として議長を務め、OIC事務総長とOIC加盟国の常駐代表者が出席しました。OICへのインドネシアの常任代表、エコ・ハルトノ大使は、イスラエル軍によるアルアクサ複合施設への攻撃や、礼拝中のパレスチナ人を射殺し、ガザ地区を攻撃したことを非難し、インドネシア政府の立場を強調しました。インドネシア政府はまた、アルアクサ複合施設へのアクセスを阻止するイスラエルの行動を批判しました。このため、エコ・ハルトノ大使によると、インドネシアは、OICの他のすべてのメンバーに、イスラエルの侵略を阻止し、アルアクサモスクの現状を確保するために様々な通信チャネルを使用するよう呼びかけているということです。さらに、インドネシア政府は、パレスチナ問題が引き続き国際的な関心事であり、和平プロセスの復活を奨励することを確実にするために、すべてのOICメンバーに呼びかけています。

26
April


ジョコ・ウィドド大統領は、政府は COVID-19パンデミックからエンデミックへの移行時期を急いで決定することを望んでいないと述べました。大統領は、月曜日ジャカルタで、インドネシアがCOVID-19の変異種デルタ株およびオミクロン株の時の様な、高い感染の拡大を再び経験しないように、政府は 常に慎重であり警戒を続けると述べました。これは、イスラム暦1443年のレバランIdul Fitri祭日の帰省後に感染者が急増しなかった場合のパンデミックからエンデミックへの移行の可能性に関する質問に答えて、ジョコ・ウィドド大統領が語ったものです。大統領は、パンデミックからエンデミックへの移行準備に少なくとも6か月かかると付け加えました。大統領は、COVID-19の感染者が 大幅に減少したにもかかわらず、人々がマスクを 外すことを許可するなど、インドネシアがすぐに健康プロトコルを緩和することを望んでいません。断食月ラマダンとイスラム暦1443年のレバランIdul Fitri祭日の間、政府は、人々が2回のワクチン接種と追加のワクチン接種を受け、健康プロトコルを実施することを条件に、人々が行き来することを許可しています。この政策は、インドネシアでのCOVID-19感染者が管理され続け、緩和方針が適切であることを考慮して、政府によって決定されました。

22
April

2G20財務大臣と中央銀行総裁会議は、インドネシアのG20議長国がロシアとウクライナ間の紛争の解決策を生み出すことを期待しています。これは、木曜日にジャカルタでアンタラ通信社が出席したワシントンからの2回財務大臣と中央銀行総裁会議の記者会見で、スリ・ムルヤニ財務大臣が語ったものです。スリ・ムルヤニ大臣は、ロシアとウクライナ間の戦争と相まって、未完のパンデミックのために、グローバルな環境の発展が実際に急速に悪化し、変化していると述べました。スリ・ムルヤニ大臣によると、ロシアとウクライナ間の戦争の影響は、エネルギー、食料、肥料の非常に高い価格を含め、依然として非常にダイナミックだということです。そして、現在G20の議長国を務めているインドネシアは、今後もすべてのG20のメンバーと集中的にコミュニケーションと協議を行うことを強調しました。

21
April


アグス・グミワン・カルタサスミタ工業大臣は、産業輸出の最も支配的な貢献は、2022年の第1四半期に661.4億米ドルであった国の総輸出額の76.37パーセントであると述べました。アグス・グミワン大臣は、火曜日のジャカルタでの声明で、不確実な世界経済状況、特にパンデミックとロシアとウクライナの間の戦争の影響の中で、産業部門が依然として国の輸出価値の達成における最大の貢献者であると強調しました。同氏は、加工産業の輸出実績は、20221月から3月に5052000万米ドルに達し、前年同期の3895000万米ドルに比べて29.68パーセント増加したと付け加えました。

19
April


アジア・アフリカ会議(KAA)の67周年の記念行事は、月曜日に西ジャワ州のバンドン市にあるアジア・アフリカ会議博物館で、アジアとアフリカの109の国旗と国連の旗を掲揚して祝われました。この国旗掲揚には、バンドン市支部のボーイスカウト、300人以上が参加しました。これは、月曜日にジャカルタで受け取ったインドネシア外務省からの声明で、アジア・アフリカ会議 博物館長ダリア・クスマ・デウィ氏が語ったものです。混雑を予測して、アジア・アフリカ会議博物館は、ZoomYou Tube @asiafricamuseum を介してオンライン放送も提供しました。旗の掲揚の後、アジア・アフリカ会議の活動の旅を回想して、その歴史と価値観が社会化されました。Gedung Merdekaのメインルームで開催されたイベントは、参加者の人数を制限し、時間も短縮して行われました。67周年の記念行事は、20226月まで続きます。

15
April


エリック・トヒル国有企業大臣は、国有企業省が今年、最初の電子政府省になることを望んでいます。これは、水曜日にジャカルタで国有企業省の24周年をオンラインで記念する際にエリック・トヒル大臣が語ったものです。国有企業大臣によると、国有企業省は、積極的に行動する必要があるということです。以前、エリック・トヒル大臣は、2022年末までに国有企業省と国有企業を電子政府にすることを目標としていました。また、すべての国有企業を、最高レベルから3.5、つまり4の最低レベルでデジタル対応することを目標としました。エリック・トヒル大臣によると、それは簡単ではありませんが、これは国有企業ができることを証明しなければならない課題だということです。

14
April


スリ・ムルヤニ・インドラワティ財務大臣は、ロシアとウクライナ間の戦争を含む世界的な混乱の中で、インドネシアの経済成長は引き続き力強いものになると予測しています。スリ・ムルヤニ大臣は、水曜日にジャカルタで開催された金融システム安定委員会の記者会見で、引き続き力強いインドネシアの経済成長は、公共または家計の消費活動、投資活動、および政府支出への支援によって支えられていると述べました。20222月までの国の支出は2827000億ルピア、つまり今年のAPBN予算配分の10.4%に達し、最大13%の縮小を経験した前月と比較して改善しました。

12
April


インドネシア共和国のジョコ・ウィドド大統領は、2022411日月曜日、ジャカルタのムルデカ宮殿でカナダのメラニー・ジョリー外相の 表敬訪問を受けました。会談に同席したインドネシアのレトノ・マルスディ外相は、ジョコ・ウィドド大統領とメラニー・ジョリーとの会談で 話し合われた問題の1つは、カナダがインドネシアの北米地域にとって 最も重要な貿易および投資パートナーの一つであることから、両国間の経済協力に関連したものであったと述べました。

インサート1:先の会談ではカナダは北米地域にとってインドネシアの最も重要な貿易および投資パートナーの1つであるためとりわけ経済協力の問題について議論しました。

ジョコ・ウィドド大統領はまた、交渉が既に加速している包括的経済パートナーシップ協定(CEPA)に関する交渉を強化していくことにより、両国間の関係を高めることの重要性を強調しました。この会談ではまた、クリーンエネルギーインフラの問題に関する協力と、インドネシアに投資をし続けるためのカナダの投資家の関心についても話し合いました。

また、レトノ・マルスディ外相は、カナダの外相がG20議長国インドネシアに対するカナダの支持を伝えたと述べました。レトノ外相によると、カナダはまた、G20が現在の困難な状況の中で活動し続けることができるように最善の方法を見つける中で、インドネシアとのオープンなコミュニケーションを継続することを約束したということです。

インサート2:さらに、私たちはG20の問題についても話し合いました。会談でカナダ首相は再び議長国インドネシアへのカナダの支持を伝え、この困難な状況下において活動するG20の最善の方法はどのようなものであるかという枠組みの中で、インドネシアとのオープンなコミュニケーションを継続します。

レトノ・マルスディ外相は、インドネシアは、すべてのG20加盟国から同様の支援を受けていると付け加え、この支援により、G20加盟国が現在の困難な状況の中で最適に機能できるようになることを期待しています。

08
April


インドネシアとパナマは、健康、パンデミック後の経済回復、女性のエンパワーメントなど、3つの主要分野で協力を強化することに合意しました。これは、木曜日にパナマのエリカ・モイネス外相と覚書にバーチャル署名した際に、インドネシアのルトノ・マルスディ外相が語ったものです。この機会に、エリカ・モイネス外相は、3つの主要分野における協力に関する合意を歓迎しました。エリカ・モイネス外相は、協力する機会を与えてくれたことに感謝しました。また、彼の側は3つの主要な柱で彼らの議題を実行することに非常に熱心であったと述べました。

07
April


エリック・トヒル国有企業大臣は、若い世代がインドネシア経済の原動力となる準備ができているよう奨励し、デジタル混乱の時代に必要な教育とスキルを身に付けなければならないと述べました。水曜日、ジャカルタの彼の公式Instagramアカウント@erickthohirが引用したように、エリック・トヒル大臣は、デジタルネイティブ世代になるだけでは不十分だと語りました。若い世代は、優れた労働倫理を持ち、献身的で、幅広いネットワークを持っている必要があります。エリック・トヒル大臣によると、彼の側はまた、若い世代に雇用を創出するように挑戦しているということです。それらの1つは、デジタル起業家精神によるものです。特にデジタルセクターでの新しい起業家の誕生を促進するために、国有企業は、インフラ、資金調達、市場アクセスという3つのことをサポート、および促進するために協力しています。

Page 9 of 48