Program Highligt

Program Highligt (846)

17
August


ジョコ・ウィドド大統領は、天然資源の下流政策は/最終的には国の経済に利益をもたらすだろうと強調しました。ジョコ・ウィドド大統領は、水曜日ジャカルタのインドネシアの国民協議会(MPR)・国会(DPR)・地方議会(DPD)ビルで開催された2023年のインドネシア国民協議会年次総会および2023年のインドネシア国会と地方議会の合同総会での演説で、下流天然資源政策は、人々の福祉のために有益であるため継続されなければならないと述べました。ジョコ・ウィドド大統領によると、インドネシアは天然資源が豊富な国であるだけでなく、その富を管理して経済的付加価値をもたらさないようにする必要があるということです。ジョコ・ウィドド大統領は、インドネシアは鉱物商品だけでなく、パーム油、海藻、ココナッツ、その他の潜在的な商品などの非鉱物商品も下流化に供給したいと考えていると述べました。

16
August


インドネシア国軍空軍は、国防省からC130-Jスーパー・ハーキュリーズ航空機を受け取りました。ヘリンドラ国防副大臣は、815日火曜日簡素な祭列を通して、ハリム・ペルダナクスマ空軍基地で、インドネシア国軍のグスタフ・ブルグマン空軍副司令官に新型航空機を引き渡しました。今回の引き渡しにより、インドネシア空軍は第31飛行隊を強化するために3機の航空機を受け取りました。これは、インドネシア国防省と米国ロッキード・マーティンとの間で締結されたC-130Jスーパー・ハーキュリーズ航空機5機を調達する契約の一部です。ヘリンドラ副大臣は、今後 2 か月以内にさらに 2 機が到着する予定だと説明しました。 ヘリンドラ副大臣は、将来的にインドネシアがインドネシア統一国家の主権を維持するために最高の防衛装備を入手し続けることを期待しています。

11
August


インドネシアは、2024518日から24日までバリ島バドゥン県のヌサドゥアで172カ国の代表が出席する第10回世界水フォーラム(WWF)を通じて、水と災害問題の世界の中心となることを目指しています。これは、水曜日バリ島バドゥンリ県のヌサドゥアで10WWFの実施に関するメディア・ブリーフィングの合間に、公共事業・国民住宅省の経済投資部門大臣専門スタッフのダダン・ルクマナ氏が語ったものです。同氏は、インドネシアが世界の中心となったのは、津波、洪水、干ばつなどの災害に関連した水問題の経験があるからだと述べました。同氏は、水と災害の問題は、人間の活動、集水域の乱れ、気候変動に至るまで、さまざまなことが原因であると述べました。同氏によると、セネガルのダカールで開催された第9WWF総会で、インドネシアが別の候補地であるイタリアを破って、10WWFの開催国に選ばれ、2024年にバリ・ヌサドゥア・コンベンションセンターで開催する予定だということです。3年に1度開催されるこの世界会議は、水関連問題に対処し、水資源の持続可能な管理における具体的なアイデアを生み出すための経験、革新的かつ創造的な行動を議論し、共有するためのプラットフォームを提供することを使命としています。

 

10
August


ジョコ・ウィドド大統領は、東カリマンタン州のヌサンタラ首都(IKN)開発プロジェクトは、新たな経済センターになるだろうと述べました。ジョコ・ウィドド大統領はまた、IKNヌサンタラは今日の世界最大のプロジェクトだと主張しました。ジョコ・ウィドド大統領は、89日水曜日南ジャカルタのシェラトンホテルで開催された2023REI国家会議で、今日の世界には、最大のプロジェクトは1つしかない、それはヌサンタラ首都だと述べました。さらに、インドネシアの不動産開発に満足していると述べました。ジョコ・ウィドド大統領によると、世界的な景気減速のさなか、財産、不動産、建設セクターは、回復力のあるセクターだということです。この分野は、非常に回復力があり、競争力があると考えられています。ジョコ・ウィドド大統領によると、2018年から2022年にかけて不動産セクターの貢献は、年間2,300兆ルピアから2,800兆ルピアに達するということです。

04
August


インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、83日木曜日、西ジャワ州デポックのハルジャムクティ駅からジャカルタのドゥク・アタス駅までのジャカルタ・ボゴール・デポク・ベカシ(ジャボデベク)統合鉄道列車(LRT)を試乗しました。大統領は、LRTの運営を担当する省庁や地方自治体に対し、一般向けにLRTを運行する前に乗客の安心・安全面を常にチェックするよう勧告しました。大統領は、政府は818日の輸送手段の商業運行を目標に、あらゆることへの準備を優先していると強調しました。ジャボデベックの LRT は、ジャカルタ大量高速輸送( MRT )や南スマトラ LRT よりも高度な技術、つまり第 3 世代または自動化レベル 3 のグレードを使用しています。この技術により、運転士なしで列車の運行が可能となり、一定の安全な距離を保ちながら列車間の距離が近づくように調整されます。

03
August


ジョコ・ウィドド大統領は、デザイナーやバティック愛好家に対し、バティックの開発を続けることで経済復興の勢いを利用するよう呼びかけました。バティックがもっと多様で興味深いものになることを願っています。ジョコ・ウィドド大統領は、82日水曜日に中央ジャカルタのスナヤンパークで行われた2023年ヌサンタラバティック展示会の開会式での演説で、デザイナー、バティック愛好家、そしてコミュニティ全体に対し、バティックの開発を続けることで経済復興の勢いを活用するよう呼びかけました。バティックはその美しさだけでなく、その哲学的な意味でも非常に特別です。バティックは私たちの顔であり、バティックは私たちの名誉であり、バティックを通じて多くの雇用が創出され、何百万人もの人々がバティック産業で働き、この分野で働く何百万人もの人々に収入と生活を提供しています。ジョコ・ウィドド大統領は、現在インドネシアには、バティックが再び復活するために活用すべき非常に良い勢いがあると述べました。そして、昨年の国家経済は、良好な成長を遂げたと述べました。ジョコ・ウィドド大統領はまた、インドネシア経済が来年さらに成長できることを期待しています。そして、バティック産業は国民経済を助けるために多くの雇用も創出したと述べました。

02
August


インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、第78回インドネシア独立記念日に先立ってインドネシア国民のために祈るよう、すべての宗教指導者、キアイ、ハビブ、宗教学者、宗教学校の生徒たちに求め、2045年のゴールデン・インドネシアの実現に楽観的になるよう呼びかけました。これは、火曜日の夜、ジャカルタのムルデカ宮殿の中庭で行われたインドネシア独立78周年を祝う国民祈祷に参加しながら、ジョコ・ウィドド大統領が語ったものです。ジョコ・ウィドド大統領は演説の冒頭で、COVID-19パンデミックに関してインドネシアを含む全世界が経験している緊迫した状況を振り帰りました。大統領はまた、インドネシア経済がパンデミックによる危機の影響を受けているため、インドネシアが国際通貨基金(IMF)に依存する国ではないことにも感謝しています。COVID-19パンデミックとは別に、インドネシアはウクライナ・ロシア戦争による食糧危機とエネルギー危機によって打撃を与えられています。ジョコ・ウィドド大統領は、インドネシアの状況が依然として持ちこたえることができている、感謝の気持ちを忘れないよう求め、社会のあらゆるレベルでの相互協力の重要性を思い出させました。インドネシア独立 78 周年を記念するこの国家の祈りの活動は、毎年 8 月の最初の夜に開催される定期的な行事です。国家の祈りは、インドネシア独立78周年記念シリーズの一環であり、今年のテーマは「前進し続けるインドネシア」です。

28
July


インドネシアのアイルランガ・ハルタルト経済担当調整大臣は、インドネシアの経済成長率5.03%は、G20諸国の中で2番目に高いと述べました。インフレ、戦争、エネルギー危機に至る、現在の複雑かつ多層的な世界経済問題の真っただ中にあっても、インドネシアの経済的地位は依然として極めて強いと言えます。これは、726日水曜日ジャカルタで開催された国家戦略プロジェクト会議で、アイルランガ大臣が語ったものです。アイルランガ大臣は、インドネシアの購買担当者指数が依然として拡大しており、同時期の先進国よりも高い52.7のレベルにあったことを強調しました。インドネシアの失業率も同様で、5.45パーセントに減少しました。アイルランガ大臣は、インドネシアが2035年に中所得国から抜け出すには、人々があと13年間しか有効でない人口ボーナスを活用できるようにする必要があると述べました。

27
July


ジョコ・ウィドド大統領は、インドネシア国軍(TNI)とインドネシア警察(POLRI)の若手職員に対し、急速な技術開発の脅威に常に備えるよう求めました。大統領によると、軍と警察の世界は、急速に変化しているため、インドネシアが取り残されることなく、脅威に対処する責務を適切に遂行できるよう技術開発を注視し続けなければならないということです。これは、水曜日、ジャカルタのムルデカ宮殿の庭で行われた2023年のTNIPOLRIの若手職員プラセティヤ式典の査察官として任務を遂行したとき、ジョコ・ウィドド大統領が語ったものです。ジョコ・ウィドド大統領は、TNIPOLRIの若手職員に対し、学習を続け、スキルと専門知識を向上させ、知識と技術を習得し、革新を続けるよう求めました。833人の若いTNIPOLRIの若手職員の就任式で、大統領は、これらの若手職員は、地域社会、国家、国に奉仕する義務を遂行する能力と忠誠心を証明するための真の奉仕への道に乗り出したと述べました。

26
July


インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は火曜日、香港で高官やさまざまな大企業のビジネス関係者らと会談し、インドネシアにおける多くの投資機会とインドネシア国民保護の重要性を伝えました。これは、火曜日ジャカルタの大統領宮殿複合施設でのジョコ・ウィドド大統領と香港の高官および多くのビジネス関係者との会談に関して、ルトノ・マルスディ外相が語ったものです。ルトノ・マルスディ外相は、ジョコ・ウィドド大統領は、東カリマンタン首都(IKN)への投資機会とは別に、インフラ、交通、デジタル技術、グリーンエネルギーという4つの潜在的な分野への投資も香港の起業家に提案していると述べました。さらに、ルトノ・マルスディ外相は、ジョコ・ウィドド大統領は、インドネシアと香港の間の貿易障壁を取り除くための税関分野での協力の重要性も伝えたと述べました。さらに、ジョコ・ウィドド大統領は会談で、香港におけるインドネシア国民の保護と福祉の重要性を強調しました。現在、香港にいるインドネシア国民の数は、14万人に達しており、そのうち90%がインドネシア出稼ぎ労働者として働いています。火曜日にジョコ・ウィドド大統領が受け入れた代表団には、香港の大企業30社の高官や指導者らが多数含まれていました。 2023年第1四半期、インドネシアにとって香港からの投資は、シンガポールに次いで2番目に大きいです。貿易に関しては、2023年第1四半期のインドネシアと香港間の貿易額は20%以上増加しました。

Page 8 of 61