Program Highligt

Program Highligt (671)

18
July


インドネシア中央銀行総裁のペリー・ワルジヨ氏は、世界の中央銀行は、現在、戦争の影響、世界的な混乱の連鎖、世界的な金融混乱に至るまで、非常に複雑な課題に直面していると述べました。これは、日曜日バリのバドゥンにあるヌサドゥアでの2022年のG20ガラセミナーで、ペリー氏が語ったものです。彼は、世界はインフレの上昇に直面していると述べました。このインフレの急上昇の問題は、世界的な混乱の連鎖とウクライナでの戦争の影響による供給側から来ています。しかし、インフレの増加が供給側から来る場合、多くの開発途上国を含むいくつかの国は、国内需要側の増加も経験します。それとともに、ペリー氏は、問題を慎重に検討する必要があり、ベンチマーク金利の引き上げですべての問題を解決する必要があるのか​​、それとも供給側からの対応が必要なのかを述べました。

15
July


ジョコ・ウィドド大統領は、インドネシア国軍TNIとインドネシア警察POLRIの青年役員に、G20フォーラムでのインドネシアの議長国の瞬間を利用して、世界の秩序と繁栄を築くよう求めました。ジョコ・ウィドド大統領は、木曜日ジャカルタのムルデカ宮殿での2022年のインドネシア国軍とインドネシア警察の青年役員の就任式で、現在、世界の一部の状況は、分裂、さらには戦争に見舞われていると述べました。他の人々もまた、政情不安に悩まされ、過激主義とテロリズムに影を落としています。したがって、大統領は、インドネシアの人々に安定した堅実な政治情勢に感謝するよう呼びかけました。さらに、インドネシアはパンデミックを抑制し、経済の安定を維持することもできます。ジョコ・ウィドド大統領は、昨年6月末のウクライナとロシアへの訪問は、世界秩序と平和を実現するための努力であると強調し、202211月にバリで開催されたG20サミットで実を結ぶことを望んでいます。

14
July


スリ・ムルヤニ財務大臣は、712日火曜日に中国の劉邦財務大臣とのバーチャル二国間会談で、金融仲介基金(FIF)メカニズムの確立における中国の支援を高く評価しました。劉財大臣と話し合ったG20の優先課題には、パンデミックの結果としてのインフレ、食糧危機、エネルギー危機など、世界が直面している世界的な課題が含まれていました。スリ・ムルヤニ大臣は、水曜日のジャカルタでの公式声明で、G20議長国のインドネシアが、世界銀行の管理下にある健康管理のためのFIFメカニズムを推進し、WHOもこのメカニズムで重要な役割を果たすと述べました。したがって、スリ・ムルヤニ大臣は、インドネシアのG20での次の国家元首会議で、中国の習近平国家主席FIFの形成に対する中国の公式支援を宣言し、世界が将来のパンデミックに直面した際の準備を整えることができることを望んでいます。インドネシアは、パンデミックへの対処におけるインドネシアのリーダーシップと真剣さを示すために、5,000万米ドルを寄付しました。

11
July


レトノ・マルスディ外相は、2月から続いているウクライナ戦争の影響に対処することの重要性を強調しました。11月のバリでの首脳会議に先立ち、レトノ・マルスディ外相は、710日日曜日に引用された、ラブアンバホでの第2回シェルパ会議のビデオテープの演説で、シェルパのメンバーに対し、G20が世界的な課題、特にウクライナでの戦争の影響に対処する上で引き続き適切であることを保証するために、より一生懸命働くよう呼びかけます。レトノ・マルスディ外相は、G20メンバーは、戦争の莫大な経済的影響に対処するために彼らの仕事を調整することにおいてより適応的でなければならないと述べました。同時に、G20は、Covid-19のパンデミックと経済の減速からの回復にも引き続き注力しています。

08
July


ジョコ・ウィドド大統領とイリアナ・ジョコ・ウィドド夫人は、木曜日、北スマトラ州のメダンにある受益者コミュニティとペティサ市場の商人に、運転資金支援と食用油の直接現金支援の形で社会支援を配布しました。木曜日にジャカルタで受け取った大統領事務局の報道局の声明によると、大統領は、商人に社会的支援を提供するだけでなく、3輪自動車の運転手にも現金支援を提供しました。大統領とイリアナ夫人は、この活動に、プラティクノ国家官房長官、バスキ・ハディムルジョノ公共事業・国民住宅大臣、北スマトラ州知事エディ・ラーマヤディ氏、メダンのボビー・ナスーション市長を伴いました。

07
July


202275日から7日まで開催されたソロでのG20貿易・投資・産業作業部会会議は、ジョコ・ウィドド大統領が宣言した3つの主要な議題の実現を推進しました。水曜日中部ジャワ州のソロで開催されたG20 TIIWG 会議で、貿易省の国際貿易交渉局長Djatmiko Bris Witjaksono氏は、その一つは、世界健康インフラを強化する方法だと述べました。他の2つの議題は、デジタル化を促進し、移行エネルギーを確保することです。会議を通じて、G20加盟国はまた、世界貿易機関(WHO)のプロセスが、発展途上国と非発展途上国の両方のWTO加盟国の希望に従って/実行できるようにすることを目指しています。

05
July

イタリアのアルプス山脈で 大規模な 氷河の崩壊による雪崩が発生し、救助隊員は生存者の捜索を続けています。この災害で少なくとも6人が死亡し、8人が負傷しました。74日月曜日にAFP通信が 報道したところによると、地方当局は、現地時間73日日曜日にイタリアのドロミテの 最高峰マルモラーダ山で氷河崩壊の犠牲になった「登山者の総数」は 分からないと述べました。氷河の頂上で摂氏10度という記録的な高温が記録された翌日、雪崩れが発生しました。

04
July

インドネシア商工会議所は、様々なセクターに1800兆ルピア相当のインドネシアへの投資の可能性があると述べました。インドネシア商工会議所のアルシャド・ラスジッド会長は、73日日曜日にバンドン市で開催されたパジャジャラン大学同窓会の集会イベントで、インドネシア経済に大きな影響を与えるように、高い投資の可能性を可能な限り活用しなければならないと述べました。アルシャド会長によると、インドネシアへの投資は、経済にマルチプレイヤー効果をもたらるということです。さらに、現在入ってくる投資は、下流の可能性を最大化するために強化され続けており、それにより、零細・中小企業を動かすことができます。

01
July


マアルフ・アミン副大統領は、この平和使節団の枠組みでのジョコ・ウィドド大統領のウクライナとロシアへの訪問は、インドネシアの人々と世界にとって重要であると述べました。なぜなら、過去数か月、2つの国は対立しており、世界の他の国に大きな影響を与えているからです。マアルフ・アミン副大統領は、629日水曜日、副大統領事務局の声明で、ジョコ・ウィドド大統領のウクライナとロシアへの訪問が、両国間の平和の創造に結果をもたらすことを期待しました。なぜなら、両国間の平和は、将来の安定した世界経済発展の創造の始まりとなるからです。そして、ジョコウィ大統領のウクライナとロシアへの訪問は、世界の平和の創造を常に支持する国としてのインドネシアの原則も意味すると付け加えました。

01
July

マアルフ・アミン副大統領は、この平和使節団の枠組みでのジョコ・ウィドド大統領のウクライナとロシアへの訪問は、インドネシアの人々と世界にとって重要であると述べました。なぜなら、過去数か月、2つの国は対立しており、世界の他の国に大きな影響を与えているからです。マアルフ・アミン副大統領は、629日水曜日、副大統領事務局の声明で、ジョコ・ウィドド大統領のウクライナとロシアへの訪問が、両国間の平和の創造に結果をもたらすことを期待しました。なぜなら、両国間の平和は、将来の安定した世界経済発展の創造の始まりとなるからです。そして、ジョコウィ大統領のウクライナとロシアへの訪問は、世界の平和の創造を常に支持する国としてのインドネシアの原則も、意味すると付け加えました。

Page 8 of 48