Program Highligt

Program Highligt (671)

11
January


インドネシアは、2023 年に議長国を務めながら、地域における ASEAN の中央集中化を強化することにコミットしています。これは、インドネシアが掲げるテーマ、すなわち「ASEAN 問題: 成長の中心」または「世界経済成長の中心としての ASEAN」に沿ったものです。インドネシアのレトノ・マルスディ外相は、19日月曜日にジャカルタで開催された ASEAN 事務局での事務総長の役職の引継ぎに出席した後、インドネシアは、関連データの提供と調査を通じて ASEAN 事務局の役割を強化しようとすると述べました。それは、他の ASEAN 加盟国の指導者と共に議長として、インドネシアのあらゆる意思決定に情報を提供することができます。

インサート:ASEAN 事務局が実施するデータと研究も強化され、ASEANの議長と 指導者が意思決定を行う際に適切な情報を提供できるようになります。それが先ほど私が言いたかったことです。私たちは ASEAN を強化する必要があります。そうすることで、ASEAN は関連性を維持し、ASEAN は、容易ではない世界と地域の課題に直面する上で強力であり続けることができます。

さらに、レトノ・マルスディ外相は、ASEAN 事務総長の重要な役割の 1 つは、ミャンマー紛争の解決に向けた 5 つの合意事項の実施、特にミャンマーの人々への人道支援の管理だと述べました。

06
January

アイルランガ・ハルタント経済担当調整大臣は、インドネシアは、東南アジア諸国連合(ASEAN)に対し、20203ASEAN の議長国を通じて、ASEANが世界経済の安定の要となることを奨励していると述べました。アイルランガ大臣は、木曜日ジャカルタで、政府はASEANが安定した平和な地域になり、世界経済の安定の要となることを引き続き奨励していると強調しました。インドネシアは、2022 11 13 日にカンボジアで開催された ASEAN サミットで、2023 ASEAN 議長国を保持する権限を与えられました。インドネシアは、2023ASEAN の議長国を通じて、「ASEAN 問題: 成長の中心」というテーマを掲げます。ASEAN 問題は、ASEAN の能力と有効性の強化、ASEAN の団結、ASEAN の中心性の 3 つの重要な要素で構成されています。

05
January


ジョコ・ウィドド大統領は、ペカンバル市のバワー市場での取引活動を視察し、トレーダーの楽観主義が 2023 年も増加し続けることを確認しました。ジョコ・ウィドド大統領は、水曜日のペカンバルでの声明で、PPKM が廃止された後、トレーダーは取引高が改善されることを望んでいると述べました。バワー市場のトレーダーであるマスリア氏は、2023 年にジョコ・ウィドド大統領が訪れた最初の州がリアウ州であることを誇りに思っていると語りました。訪問中に大統領に同行したのは、プラティクノ国家官房長官、バスキ・ハディムルジョノ公共事業・国民住宅大臣、エリック・トヒール国有企業大臣、シャムスアールリアウ州知事でした。

04
January


スリ・ムルヤニ財務大臣は、世界的な大幅な減速にもかかわらず、インドネシアの経済回復の勢いは、依然として維持されていると述べました。これは、2021 年の第 4 四半期以降、4 四半期連続で 5% を超える成長を一貫して記録しているインドネシア経済に反映されています。スリ・ムルヤニ大臣は、13日火曜日国家予算に関する記者会見で、年末までは回復の勢いが続くと予想されると述べました。スリ・ムリヤニ大臣は、世界的な不確実性がすべての国の金融市場に混乱を引き起こしたため、2022年は、世界経済にとって非常に困難な年だったと述べました。スリ・ムリヤニ大臣は、インドネシアの経済回復は主に、政府消費の正常化の中で大幅に増加した家計消費によって支えられたと付け加えました。また、世界的な混乱の中で、投資業績が強化され始め、インドネシアの輸出業績も2桁の成長を記録し続けています。

 

28
December


マルフ・アミン副大統領は、インドネシアは発展途上国で人口が多いため、世界の経済大国になると予測されていることを明らかにしました。これは、1227日火曜日、中部ジャワ州のスマランにある統合ビジネスサービスセンターの発足式で、マルフ・アミン副大統領が語ったものです。しかし、副大統領によると、これには条件があります。つまり、インドネシアが人材の質と国内の起業家の数を引き続き改善できるということです。副大統領は、起業家精神は、失業と貧困を減らし、彼らの収入と福祉の増加と密接に関連するため、段階的な効果にも寄与すると付け加えました。起業家は、革新的で包括的で持続可能な製品やサービスを通じて、前向きな社会的変化を生み出すことさえできます。

 

27
December


ジョコ・ウィドド大統領は、零細・中小企業 の活動家に広い市場アクセスを開放しました。この戦略は、零細・中小企業の進歩を実現するために実行されます。これは、日曜日声明で、インドネシア国会のメンバーであるアディサトリア・スリオ・スリスティオ氏が語ったものです。アディサトリア氏は、ジョコ・ウィ大統領は、市場へのアクセスを開放するだけでなく、支援や訓練の提供にも積極的に取り組んでいると述べました。アディサトリア氏によると、これは、零細・中小企業との政府の提携の形だということです。彼はまた、政府による零細・中小企業向けの市場アクセスの開放も、デジタル変革を通じて実現されたと述べました。アディサトリア氏によると、零細・中小企業のデジタル化を促進する政府の戦略は、地元製品の市場アクセスを拡大することだということです。

23
December


インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、インドネシアの独立前から現在に至るまで、インドネシアの女性の役割は、非常に大きいと考えています。ジョコ・ウィドド大統領によると、インドネシアの長い旅の歴史の中で、インドネシアの女性の役割を単純に忘れることはできないということです。インドネシアの女性は、国を旅する上で重要な役割を果たし続けています。これは、12 22 日木曜日、母の日を記念して、 @jokowi のソーシャルメディアで、ジョコ・ウィドド大統領が語ったもものです。ジョコ・ウィドド大統領は、闘争中のインドネシアの女性の役割と彼女たちの熱意は、依然として現在の状況に非常に関連していると述べました。ジョコ・ウィドド大統領は、エンパワーされた母親がインドネシアを前進させると強調しました。

22
December


ジョコ・ウィドドRI会長は、以前にニッケル商品の輸出を停止した後、別の原材料商品の輸出の停止を発表する予定です。大統領は、水曜日にジャカルタで開催された 2023 年インドネシア経済見通しイベントで、インドネシアは、原材料の輸出を続けることができないと述べました。ジョコ・ウィドド大統領は、原材料商品の輸出の停止は、継続的に段階的に実施されると述べました。ジョコ・ウィドド大統領は、ニッケル原料の輸出を停止することで、インドネシアは、商品が最初に付加価値商品として処理されたため、以前の 11 億ドルから 300 億ドルへと複数の利益を得ることができると強調しました。ジョコ・ウィドド大統領は、外国の当事者がインドネシアによる原材料商品の輸出停止を訴えても気にしないことを認めました。

16
December


ジョコ・ウィドド大統領は、1214日水曜日にブリュッセルで開催されたASEANと/EUパートナーシップの記念45周年サミットの合間に、オランダ首相、チェコ首相、スウェーデン首相と二国間会談を行いました。レトノ・マルスディ外相は、1215日木曜日 大統領事務局の Youtube チャンネルにアップロードされた声明で、ジョコウィ大統領は二国間会談で、差別的な EU 政策を強調し、インドネシアの商品輸出を妨げたと説明しました。レトノ・マルスディ外相は、ジョコウィ大統領が懸念している新しい政策は、森林伐採のない商品、または多くの商品に対して森林伐採のない政策に関連していると述べました。この森林伐採禁止政策に含まれる商品の 1 つは、パーム油です。さらに、ジョコ・ウィドド大統領はこの会談で、エネルギー転換における協力の重要性も強調しました。レトノ・マルスディ外相によると、ジョコ・ウィドド大統領は、「公正なエネルギー移行パートナーシップ」の状況下での協力がすぐに実施されることを望んでいます。

15
December


インドネシア共和国のプラボウォ・スビアント国防相は、1213日火曜日にイタリアのローマで/イタリアのグイド・クロセット国防相と会談し、主要兵器システムツールの近代化について話し合いました。会談中、プラボウォ国防相とグイド国防相は、イタリアの防衛産業とインドネシアの防衛産業の間の技術移転について話し合いました。アンタラ通信社が報告したように、プレスリリースで、プラボウォ国防相は、彼の側は、国の成長と繁栄にとって安全保障が重要な要素であることに同意したと述べました。会談では、両国間の防衛協力を強化するための多くの取り組みについても議論されました。両国はこれまで、2年ごとに定期的に開催される防衛協力合同委員会と呼ばれる二国間会議を通じて、防衛協力を確立してきました。

Page 2 of 48