Program Highligt

Program Highligt (846)

11
April

バスキ・ハディムルジョノ公共事業・国民住宅大臣は、20247月に飲料水が配布されるカリマンタン島のヌサンタラ首都(IKN)への移住を開始すると述べました。これは記者会見で、410日水曜日ジャカルタの公共事業・国民住宅省でIdul Fitri祭日の祈りを行った後、バスキ大臣が語ったものです。バスキ大臣は、Idul Fitri祭日の休暇後に再びIKNを訪問し、開発の進捗状況を確認する予定です。この訪問は、ジョコ・ウィドド大統領の到着前に行われました。公共事業・国民住宅省は、IKNインフラ開発実施タスクフォースを通じて、IKNに飲料水を供給するために/2つの飲料水処理プラントを建設しました。バスキ大臣は、ジョコ・ウィドド大統領がインドネシアの新首都に就任する前に、IKNの水供給が安全であることを保証する予定です。

 

05
April


石油採掘会社(プルタミナ)は、東カリマンタン州バリクパパン製油所開発マスタープランの完了に注力しています。このプロジェクトは、新たなマイルストーン、すなわち20245月初旬の完了を目標とする製油所の定期メンテナンスプログラムに入っています。バリクパパン製油所開発マスタープランは、最終的には現在最大の生産能力を持つ製油所である中部ジャワ州のチラチャプ製油所の生産能力を超え、インドネシア最大の製油所となる予定です。プルタミナのニッケ・ウィディヤワティ社長は、44日木曜日ジャカルタでアンタラ通信社が受け取った声明で、製油所開発マスタープランプロジェクトの重要なマイルストーンであるメンテナンス作業プロセスの能力を増強し、スムーズに実行されることを期待しています。ニッケ氏によると、バリクパパン製油所開発マスタープランプロジェクトの成功により、バリクパパン製油所の生産能力は日量10万バレル増加し、当初の日量26万バレルから36万バレルになる予定だということです。

04
April


インドネシア共和国のジョコ・ウィドド大統領は、エジプトのパレスチナ国民とスーダン国内紛争と病気の流行の影響を受けているスーダン国民に対して人道援助を提供しました。インドネシアの人道援助は、43日水曜日ジャカルタのハリム・ペルダナクスマのインドネシア空軍(TNI AU)基地からジョコ・ウィドド大統領によって提供されました。ジョコ・ウィドド大統領は、インドネシアはパレスチナのガザで起きた人道的出来事と、多くの犠牲者を出したスーダンで起きた内戦を懸念していると述べました。エジプトとスーダン政府からの公式要請に応じて援助が送られました。

インサート:本日送られた援助は約300億ルピア相当で、医薬品や健康器具の形です。また、現場の既存のニーズに合わせたその他の支援も提供します。これは、エジプトとスーダン政府からの公式要請に従っています。

ジョコ・ウィドド大統領は、国家災害管理庁のスハリャント長官が代表団を率いてエジプトとスーダンに援助物資を届けていると説明しました。インドネシア政府は、インドネシア外務省を通じて、エジプトとスーダンから、紛争と病気の発生に直面している人々への人道支援の要請に関する外交文書を受け取りました。文書では、エジプト政府は、イスラエルによるパレスチナ・ガザ地区への侵攻により、エジプトのラファ(北シナイ砂漠)周辺でエジプト領土に入ったパレスチナ難民の扱いについてインドネシア政府の支援を期待しています。

03
April

 

インドネシアのレトノ・マルスディ外相は、42日火曜日ジャカルタでアラブ諸国の大使らと会談し、パレスチナ問題の経過、特にガザ地区の危機について話し合っいました。 1時間に及んだ討論の中で、レトノ・マルスディ外相は、パレスチナ人民の闘争を支援する上での態度と立場の統一の重要性、そしてパレスチナを支援する道徳的責任を持つことの重要性を伝えました。したがって、インドネシアとアラブ諸国は、停戦問題を含む20242728号国連安全保障理事会決議の確実な履行に集中することができます。インドネシア外相とアラブ諸国の代表との会談には、以下の国々から7名の大使が出席しました。パレスチナ、ヨルダン、サウジ・アラビア、アルジェリア、シリア、オマーン、エジプトからです。さらに、バーレーン、モーリタニア、イエメン、レバノン、アラブ首長国連邦、イラク、リビア、カタール、クウェート、チュニジア、スーダン、ソマリア、モロッコの大使館を代表する職員13名も会議に参加しました。

 

29
March


ジョコ・ウィドド大統領は、20246月までフリーポート・インドネシア社の政府株式所有権61%に関する交渉を完了することを目標としています。アンタラ通信社が引用したように、これは、328日木曜日ジャカルタで開催された12回インドネシア仏教学生協会大会(ヒクマ・ブディ)の開会式に出席した後にジョコ・ウィドド大統領が語ったものです。ジョコ・ウィドド大統領は、フリーポート・インドネシア社との交渉が合意に達すれば、61%の株式所有が実現できると信じています。それとは別に、政府は鉱物および石炭採掘事業活動の実施に関する202196号政府規制の改正も最終決定しています。ジョコ・ウィドド大統領は、ヒクマ・ブディ会議の開会式での演説で、鉱山会社フリーポートの株式の国有所有権は、当初9%に過ぎなかったと述べました。 2018年、インドネシアは正式に株式の51%を引き継ぎ、フリーポート社の筆頭株主となりました。ジョコ・ウィドド大統領によると、これらの株式の支配により、国の歳入が会社収入を通じて70%増加したということです。

 

28
March


インドネシア共和国政府は、パレスチナとスーダンにそれぞれ100万ドル相当の援助を提供します。これは、326日火曜日に人間開発・文化調整省でパレスチナとスーダンの健康緊急事態への対処支援に関する閣僚調整会議を開催した後、ムハジル・エフェンディ人間開発・文化調整大臣が語ったものです。ムハジル調整大臣は、インドネシア政府が両国から支援要請を受けていると説明しました。エジプト政府からの要請は、パレスチナ人の多くが現在エジプトで避難生活を送っており、そのパレスチナ人の医療を支援することを目的としています。ムハジル調整大臣は、スーダン政府からの要請は、国内紛争の影響による公衆衛生危機を支援することが目的であると説明しました。ルトノ・マルスディ外相は、特にパレスチナへの援助は、これまで政府や民間部門によって提供されてきた援助に追加または補完するものになると述べました。インドネシア政府はまた、北ガザの人々に航空/または空輸による支援を提供する予定です。

22
March


インドネシア大統領候補のプラボウォ・スビアント氏は、今年の民主主義行事の開催が成功したため、総選挙委員会(KPU)、総選挙監督機関、選挙主催者名誉評議会をはじめとする総選挙主催者に感謝の意を表明しました。これは、320日水曜日南ジャカルタの邸宅で勝利演説を行った際にプラボウォ氏がかたったものです。プラボウォ氏によると、インドネシアの総選挙は世界最大の選挙イベントの一つだということです。また、この大きなイベントの開催における政府の成功に対して、多くの国家元首から沢山の祝意を受け取りました。プラボウォ氏はまた、今年の総選挙が安全で平和的であることを保証したインドネシア国軍(TNI)とインドネシア警察(POLRI)の組織を高く評価しました。インドネシア総選挙委員会は、水曜日の夜ジャカルタのKPUビルで、インドネシア大統領・副大統領候補のプラボウォ・スビアント氏とギブラン・ラカブミン・ラカ氏のペアを2024年から2029年までのインドネシア大統領と副大統領に任命しました。インドネシアKPUのハシム・アシアリ委員長は、プラボウォ氏とギブラン氏のペアが96214691票を獲得したことを明らかにしました。アニス・バスウェダン氏とムハイミン・イスカンダル氏のペアは40971906票、ガンジャル・プラノウォ氏とマフフド・メド氏のペアは2704878票を獲得しました。

 

21
March


ジョコ・ウィドド大統領は、320日水曜日、西カリマンタン州シンカワン市のシンカワン空港を開設しました。大統領は演説で、シンカワン空港を空港開発協力計画のモデルとすることを含め、シンカワン発着の航空便の増加を奨励するよう運輸省に要請しました。

インサート; 空港の準備ができたら、運輸大臣は直ちに飛行機をここに飛ばす準備をします。できるだけ。乗客も満員にしなければなりません。乗客が満員である限り、より多くの航空会社がシンカワンに到着することは間違いありません。今朝、私はビスミラヒラフマニラヒムと唱えながら、西カリマンタン州シンカワン市のシンカワン空港を開設しました。ありがとう。

大統領は演説で、空港開発における政府と企業体の協力計画を評価しました。シンカワン空港の建設には、州歳入歳出予算(APBN)からの2,720億ルピアと1,550億ルピアの民間資金による政府と企業体の協力スキームが利用されています。シンカワン空港は、2019年に国家予算の資金を使って2000メートルの滑走路と312平方メートルの貨物ターミナルを備えて建設されました。それとは別に、シンカワン空港には、民間資金を使用して建設された8,000平方メートルの面積の旅客ターミナルと延長された2,000メートルの滑走路もあります。

 

20
March


観光・創造経済大臣や観光・創造経済庁長官サンディアガ・サラフディン・ウノ氏は、ハラール観光と創造経済の発展と改善においてインドネシア・ウレマ評議会(MUI)と協力しています。サンディアガ・ウノ大臣は、319日火曜日ジャカルタで、この協力の署名は、特にハラール観光と宗教観光の発展において、観光・創造経済の発展および公共経済の発展を促進する上での相乗効果だと述べました。これは、リソースの容量を増やし、情報を交換し、協力できる活動を通じて行われます。サンディアガ・ウノ大臣は以前、ハラール観光と創造的経済に関連するMUIとの現在の問題について定期的に協議を行っていたと付け加えました。サンディアガ・ウノ大臣によると、特に観光・創造経済の開発においては、MUIからの意見や提案が本当に必要とされているということです。

15
March


インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、3月14日木曜日北スマトラ州デリ・セルダン県にあるパガール・メルバウ赤い食用油工場を開設しました。大統領は、赤い食用油工場の建設が、約620万ヘクタールのアブラヤシ農園を持つインドネシア全土のパーム油農家に付加価値を提供できることを期待しています。

インサート :インドネシアには 1,530 万ヘクタールのアブラヤシプランテーションがあり、そのうち 40.5 パーセントが農民によって所有されており、つまり 620 万ヘクタールが農民に属していることになります。そして、その付加価値を国産であってほしいと考えています。したがって、私たちはこの赤い食用油工場を初めて建設しており、パーム油農家、特にすでに協同組合の形態をとっている農家に良い付加価値を提供できることを願っています。ここでは、すべてが完成品、つまり赤い食用油に加工されるため、新鮮なアブラ椰子の価格が上下することはありません。

大統領は、赤い食用油の価格は、市場の食用油よりも安いため、赤い食用油が競争力のある価格で市場で競争できると確信していると述べました。それとは別に、赤い食用油には、揚げ物に使用しても失われないビタミンやその他の栄養素が含まれています。パガール・メルバウの赤い食用油工場は、1 日あたり 10 トンのパーム油の処理能力があり、約 7 トンの赤い食用油を生産することができます。

Page 2 of 61