Tuesday, 07 August 2018 12:52

BNPB国家災害対策庁は、ロンボク島は、大震災と津波の脅威からの安全確保

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

ソーシャルメディアに広まっている西ヌサ・トゥンガラ州ロンボク島の津波や大地震の脅威は、真実ではありません。したがって、Gili TrawanganGili AirGili Manoにいる観光客や地元住民は、避難するように求めるパニックに陥(おちい)る必要はありません。気象・気候・地球物理学庁(BMKG)は、201885日日曜日、に発生したマグニチュード7の地震は、2018729日から発生している一連の地震の主要な地震だと発表しました。これは、201886日月曜日、ジャカルタのプレス リリースで、国家防災対策庁の情報データと広報センターのSutopo Purwo Nugroho会長が語ったものです。

インサート:その後の津波、より大きな地震、3つの島から立ち退く必要があることについての噂は、真実ではありません。それは、偽情報です。したがって、3つのギリとロンボク島にいる観光客は、そこから離れる必要はありません。延長したい場合は、私たちは、自由を与えます。状態は、安全です。BMKGは、昨日発生したマグニチュード7地震は、以前から発生している、一連の地震の中で最も大きな地震であったと述べました。729日に発生したマグニチュード6.4の地震から昨日までに527回以上の余震がありました。

対応に関連して、Sutopo会長は、BNPBは、ロンボクの様々な県、および都市にいる、地震被災者に21トンの物流および機器援助を送ったと語りました。物流支援の21トンは、すぐに食べられる食品、医薬品、設備、清潔な水です。しかし、Sutopo会長は、援助の提供は、道路アクセスの障害、重機の不足、人員が、まだ不十分など、いくつかの制約を受けていると説明しました。Sutopo会長は、ロンボクを揺るがした地震後の緊急事態は、2018811日まで実施されると述べました。

Read 33 times