Friday, 10 August 2018 13:28

ガルーダインドネシア航空会社は、観光をサポートし、乗り継ぎ利便性を高める

Written by 
Rate this item
(0 votes)

 

ガルーダインドネシア航空会社は、インドネシアへの観光客数を増やすため、国内外を改善し続けています。ガルーダインドネシア航空会社のPahala Nugraha Mansury社長によると、これまで、観光部門における最も重要なことは、特にインドネシアが群島であることを考えるということです。観光客は、空路で観光地を乗り継ぎます。それにしたがい三つの追加国際線をオープンしました。そのうちの一つは、インドのムンバイからバリ島デンパサールへ直行便です。89日木曜日ジャカルタでのプレスリリースを通じて、Pahala社長は、インドは、中国以外で観光客の数の伸びが最も多い国だと語りました。ガルーダ・インドネシア航空会社はまた、特に観光客を呼び込む可能性を秘めている空港、国内線接続を開発しています。

インサート ;ポイントは、乗り継ぎ利便性です。したがって、我々は、どのようにしてインバウンド観光を増やせるか。インドネシアへの海外からのサービスを開発し続けます。今年は、既に3つのルートがあります。まず、インドは、現在最大の観光客の増加を見込める国の一つであり、すでにほぼ50万人の観光客数に達している、ムンバイ - デンパサール間です。そしてまた、今日最大の観光客数増加を見込める中国です。私たちは、その潜在性も見ており、現時点20%を上回って40%に達しています。また、国内線の乗り継ぎは、観光客を呼び込むバリ島の以外でも良い可能性があるエリアです。

Pahala社長はまた、現在、バリ島は依然としてインドネシアを訪れる観光客の40%の主要な目的地だと述べました。したがって、ガルーダ・インドネシア航空会社はまた、バリ島よりは、魅力にける観光地を多様化する必要があります。ガルーダ・インドネシア航空会社によって開かれる次のルートは、「探検」と名付けられた船隊を使用して、北スマトラ島の南スラウェシ州Selayarと北スマトラ州Toba湖のSilangitへのルートです。

Read 56 times Last modified on Wednesday, 15 August 2018 14:24