Thursday, 08 November 2018 11:10

ユスフカラ副大統領は、技術革新による防衛産業の改善を求める

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

ユスフカラ副大統領は、117日水曜日、ジャカルタで、インド防衛博覧会(防衛はくらんかい)と国内生産の兵器システム 主要ツール フォーラムを開きました。これらの国内生産者は、陸軍の主要な兵器システムを製造する Pindad社、海軍のためのPAL社、空軍のための Dirgantara Indonesiaなどです。ユスフカラ副大統領は、国家と、その国民を国内外の様々な脅威から守るために、国家の安全と防衛が必要だと述べました。国は、軍隊と武器を持たなければなりません。したがって、世界を愛する人物であるユスフカラ副大統領は、国内の防衛産業が、技術革新と科学によって強化され続ける事を要請しました。

インサート :防衛産業は、自立のために必要です。我々は、ティモール 問題で、90年代に禁輸された経験があり、武器を得ることが困難です。したがって、国は、自国の技術能力で自立する準備をしなければ なりません。また、他国と協力しなければなりません。

ユスフカラ副大統領は、互いの平和を維持し、テロリズムと過激派の脅威を予期するため、国防産業の生産における国家間の協力を奨励します。この活動では、航空機とヘリコプターの展示会と海洋展も開催されました4日間 続いた展覧会にはTri Sutrisno 6副大統領、Ryamizard Ryacudu国防大臣、インドネシア国軍司令官Hadi Tjahyanto、及びマレーシア、オーストラリア、日本、サウジアラビアなど、友好国から、数十人の代表者が出席しました。

Read 112 times