Tuesday, 20 August 2019 11:36

RRIは、災害軽減を支援し、南海岸に無線送信機を設置

Written by 
Rate this item
(0 votes)
LPP RRI Padangのヘッド、M Lahar Rudiarso、ヘンドラホニのPesisir Selatanの摂政 LPP RRI Padangのヘッド、M Lahar Rudiarso、ヘンドラホニのPesisir Selatanの摂政 Foto : antaranews.com/SUMBAR/istimewa.

 

西スマトラ州パダンのインドネシア ラジオ公共放送局RRIは、無線送信機を建設することにより、南海岸県の災害軽減を支援しています。パダンのインドネシア ラジオ公共放送局M Lahar Rudiarso局長は、819日 月曜日Painanで、無線送信機を通じて、RRIの災害軽減に関する様々なプログラムが、地元住民に届くことが期待されると 語りました。M Lahar 局長は、RRIには、Pro 3があり、「ケントンガン」という災害軽減情報を提供する と説明しました。同様のプログラムは、その後も パダンのRRI によってさらにパッケージ化され、興味深いものになるでしょう。一方、南海岸の、ヘンドラジョーニ県知事は、南海岸は、まさにインド洋に面していると述べました。彼は、この支援が、地震情報を通じて災害の影響を最小限にえ、津波の早期警戒情報などを提供することを望んでいます。

Read 65 times Last modified on Wednesday, 21 August 2019 14:50