Monday, 09 September 2019 10:01

南カリマンタン州のマンディンダマール滝

Written by 
Rate this item
(0 votes)

ソナインドネシアの時間です。今日は、南カリマンタン州のマンディンダマール滝をご紹介します。

南カリマンタンの森の奥には、ボルネオ島の熱帯林に特有の様々な動植物の魅力が保たれているだけでなく、さわやかな滝もあります。その1つは、南カリマンタン州、タナブムブ県、メンテウェ地区、グヌンラヤ村にあるマンディンダマール滝です。

この滝の高さは約10メートル、幅は1518メートルです。滝は、森に囲まれており、まだ多くの人られていません特に滝の下は、水は透明で深いです。水が澄んでいるため、地元住民は、マンディンダマール滝から流れる水は、加熱せずに飲むことができると考えています。

滝を訪れる人は、2つの側面、つまり滝の下または上からマンディンダマー滝の美しさを楽しむことができます。アドレナリンに挑戦したいは、上からジャンプしてマンディンダマー滝の川で泳ぐことができます。しかし、ジャンプするときには、怪我をしないように注意する必要があります。

マンディンダマール滝へ行くために最も簡単な方法は、南Hulu Sungai 県のLoksado地区を経由することです。この観光名所に入るには、1万ルピアを支払うだけです。  マンディンダマール滝は、非常に離れた場所にあるため、利用できる施設は多くありません。

これで、ソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 126 times