Monday, 05 February 2018 09:00

インドネシアは、パーム油の新しい市場を開く必要がある

Written by 
Rate this item
(0 votes)

 

パーム油およびその派生品の輸出は、依然として2017年に1184千万アメリカドルを余剰したインドネシアの貿易収支に対する最大の外国為替寄与物です。パーム油は、2016年のように、主な輸出商品になりました。Lampung大学の農業学部の教授、Bustanul Arifin先生は、24日日曜日にジャカルタで、2017年の粗パーム油の平均価格は、2016年の平均価格と比較して2%上昇したと述べました。Bustanul Arifin先生は、10年まで、パーム油およびその派生品の数量および輸出額は引き続き増加すると予測しました。それにもかかわらず、持続可能性の問題は、引き続きインドネシアのパーム油の障害になります。彼は、政府は新しい輸出市場を集中的に開くと期待しています。例えば、中央アフリカ、南アフリカ諸国、ロシアの分数国、中東の国々はかなり前向きです。

Read 25 times