Thursday, 13 February 2020 12:57

国連安全保障理事会決議案は、パレスチナの利益を強調

Written by 
Rate this item
(0 votes)

Rancangan resolusi DK PBB tekankan kepentingan Palestina

米国によって発表されたパレスチナとイスラエルの平和提案を批判する国連安全保障理事会決議案は、パレスチナ人によってまだ検討されています。パレスチナの要請で、決議案を後押しするインドネシアとチュニジアは、主な考慮事項は、パレスチナの人々の生存に関するので、直接の利害関係者としてのパレスチナが決定しなければならないと述べました。これは、水曜日アンタラ通信社への電話を経由して、ニューヨークの国連のインドネシアの常駐代表であるDian Triansyah Djani大使が語ったものです。彼は、決議案は、国連安全保障理事会の公式文書として提出されていなかったことを強調しました。また、Dian Triansyah大使は、この決議は、パレスチナとイスラエルの紛争の解決において、国際的なパラメーターに基づいた二国家解決策を実施する必要性を強調していると説明しました。したがって、平和への取り組みに関する議論は、決議2334および決議242を含む国連安全保障理事会決議に基づいていなければなりません。

Read 120 times