Friday, 14 February 2020 12:59

ロシア大使は、米国大統領ドナルド・トランプの「世紀の合意」に関するロシアの態度を再確認した

Written by 
Rate this item
(0 votes)

 

在インドネシアのロシア大使リュドミラ・ヴォロビエワは、米国大統領ドナルド・トランプの「世紀の合意」に関するロシアの態度を再確認しました。ヴォロビエワ大使は、212日水曜日記者会見で、ロシアは常に、イラクとパレスチナの戦争を止めて両国に平和をもたらす唯一の方法は「二国間の解決策」であると信じてきたと語りました。

インサート :私たちの立場は、非常に明確であり、解決策が必要であり、すでに数十年も続く紛争には遅すぎます。しかし、もちろん問題は、紛争の当事者が、それについて幸せでなければならないということです。片方が拒否し、受け入れたくない場合、どうすれば競合を解決できますか? これは、米国の問題ではありません、彼らは、それがこのようであるべきだと言います。しかし、パレスチナがそれを受け入れないなら、それが働かないことを知っています。これは、止まらない、戦争も止まらない、人々が殺されるのを止められません。

ヴォロビエワ大使は、パレスチナ人がそれについて否定的である場合、「世紀の合意」は成功しないと述べました。ヴォロビエワ大使は、ロシアが中東で果たす役割については、ロシアは、中東の平和を達成するための努力において大きな役割を果たしたと説明しました。しかし、彼女は、この問題の解決策は、両国間の合意にあると考えています。彼女によると、シリアで進行中の戦争におけるロシアの役割について、ロシアは彼らがテロと戦う手助けするために、合法的なシリア政府によって要求された唯一の国だということです。

Read 84 times