Friday, 29 May 2020 10:09

西カリマンタン州のブキットケラム(ケラム丘)の観光地

Written by 
Rate this item
(0 votes)

Bendera merah putih raksasa terbentang di Bukit Kelam - ANTARA ...

パソナインドネシアです。今日は、西カリマンタン州のブキットケラム(ケラム丘)の観光地をご紹介します。

インドネシアが、海抜1002メートルもの巨大な岩を持っていると誰が思っているでしょう?その岩の名前は、ブキットケラム(ケラム丘)で、西カリマンタン州のシンタン県にあります。ブキットケラムは、世界最大の岩です。興味深いことに、この丘は、地面の上にあるのではなく、大きな岩の上にあります。石が濃い黒なので、ケラム(暗い)と呼ばれています。シンタン県の中心から約23 キロの場所にある丘は、丘のふもとまで約3040分かかります。

ブキットケラムは、特に自然やロッククライミング愛好者にとって、訪れるべき観光スポットの1つです。ブキットケラムには、動植物、独特の自然の風景、洞窟、そしてもちろん国際的な規模でのクライミングための岩壁があります。シンタンのブキットケラムのにのみ存在し、北半球には存在しない植物の1つは、Kantung Semarという固有の植物であるネフェンテスクリペタです。赤みを帯びた色のKantung Semarは、海抜600800メートルの高さのブキットケラムの岩の険しい崖の裂け目に生えています。ユニークと呼ばれるのは、上部が煙突のようであり、下部がボールのように丸いからです。 Kantung Semarだけでなく、ブキットケラムには、黒い蘭が生息しています。

ブキットケラムには、滝もあります。この巨大な石周辺の水は、地域住民の生活の源であり、ボトル入り飲料水の源であり、シンタンの地域住民が使用する電源でもあります。それだけでなく、洞窟愛好家のための洞窟もあります。最も人気があるのは、ツバメの洞窟とコウモリの洞窟です。ブキットケラムの美しさを見るには、頂上に登らなければなりません。れていない人は、34時間かかります。 15度から40度までの勾配で、鉄のはしごを作って登ることを容易にしました。ブキットケラムの頂上は、日の出と日没を見るのに最適な場所です。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 130 times