Thursday, 08 March 2018 12:00

MUI(インドネシアウラマー評議会)は、ウラマの三国会議で中立になる

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

 

インドネシア ウラマ評議会の外交分野のMuhyiddin Junaidi会長は、「世界平和を創造する中でのウラマの役割」をテーマにしたウラマの三国会議は、平和を創造する上でのウラマーの立場でのアイデアや意見を伝えるためのフォーラムだと語りました。また、現在、西ジャワ州ボゴールで開催される会議の日を決定するために、アフガニスタンとパキスタンと集中的に調整しています。

インサート :私たちは、ここに彼らを招待したいですし、私たちは中立です。私達はただ、インドネシア ウラマ協会としての私達の立場に沿って、特にファットワ(正しいイスラム法解釈)を発行する段階について話したいのです。そして、この会議の終了後、もっと多くの国々を招待して、次の会議を開催したいです。

Muhyiddin Junaidi会長は、インドネシアにとって、アフガニスタンの人々の感情を傷つけない事が重要です。なぜなら、以前、エジプト、サウジアラビア、カタールがアフガニスタンの平和プロセスを促進するための要求を拒否したからです。一方、2月末にカブールで開催された、インドネシアを含む24カ国の代表が出席した「カブール平和プロセス会議」では、7つの合意が得られました。例えば、アフガニスタン政府は、対話する準備ができており、平和を維持し、タリバンが、武器ではなく政治闘争に参入する機会を提供するなどです。

Read 173 times Last modified on Thursday, 08 March 2018 13:05