Friday, 09 March 2018 10:51

世界のPPIは、最初の国家シンポジウムを開催する予定

Written by 
Rate this item
(0 votes)

 

世界のインドネシア学生協会は、2018310日にジャカルタで国家シンポジウムを開催する予定です。国家シンポジウムは、インドネシアで初めて開催されます。国家シンポジウム責任者Michael Siagianは、36日(火)、ボイスオブインドネシアに、シンポジウムは、通常、53カ国の学生を集め、海外で開催されると語りました。今回のシンポジウムは、国内外の若い世代や専門家を巻き込み、2045年に国政を進める世代、またはインドネシアの独立100周年を準備するために、インドネシアで開催されました。

インサート:  私たちは、なぜ27年後を考えるのでしょうか。私たちは、変化の準備をするために、1年や2年のまだ話せない世代の成長のために準備する必要があると認識します。私たちは、27年が、国家の指導者として若い世代を作るのに十分な時間だと考えます。

責任者Michael Siagianはまた、国家シンポジウムは、Moeldoko将軍がメインスピーカーとなると説明しました。一方、様々なパネルディスカッションのメインスピーカーは、教育文化省の文化総局Hilmar Farid局長、Sri Mulyani財政大臣、ジャカルタ特別州Sandiaga Uno副知事、Basuki Mulyono公共事業国民住宅大臣、研究技術高等教育省の資源科学部局Ali Ghufron Mukti局長です。責任者Michael Siagianは、このイベントを通して、若い世代、政府の専門家、2045年インドネシアに向かって政府プログラムを支援する様々な関係者との間に相乗効果が生じる可能性があると期待しました。

Read 48 times Last modified on Monday, 12 March 2018 11:03