Tuesday, 12 June 2018 07:27

国連安全保障理事会に入りするインドネシアに関連する副大統領の声明

Written by 
Rate this item
(0 votes)

ユスフカラ副大統領は、国連安全保障理事会 非常任理事国のメンバーとなるインドネシアの再選は、世界平和を維持するための新しい形の責任となると語りました。ユスフカラ副大統領は、月曜日、東京で、今後2年間にわたりインドネシアは、国連の国際フォーラムで、世界の平和の問題を積極的に取り上げ、議論し、解決すると述べました。したがって、4回目の国連安全保障理事会 非常任理事国のメンバーに選ばれたインドネシアは、世界平和のために戦い続けるためにインドネシアの人々と政府の義務と責任になります。68日金曜日、米国、ニューヨークで開催された国連総会で、インドネシアは、ドイツ、南アフリカ、ベルギー、ドミニカ共和国の4カ国と共に2019-2020年の国連安全保障理事会 非常任理事国に選出されました。

Read 8 times