Tuesday, 23 January 2018 19:00

アチェ州のSangerコーヒー

Written by 
Rate this item
(1 Vote)
アチェ州のSangerコーヒー disbudpar.acehprov.go.id

 

ペソナインドネシアです。今日はアチェ州のSangerコーヒーをご紹介します。

コーヒー愛好家にとって、インドネシアを訪問するのが必須です。なぜなら、様々な味と加工の一意制で、インドネシアは地元のコーヒーに豊富です。インドネシアの様々な地域で、面白いコーヒーを提供する方法も見ることができます。例えば、Kopi JossKopi DurianKopi TarikKopi Tubrukなどです。アチェを訪問するときに、アチェに広がる喫茶店で、典型的なアチェのコーヒーを試してください。一般的に、アチェでの喫茶店は、Sangerコーヒー、ブラックコーヒーとミルクの組み合わせを提供します。

Sangerコーヒーは、昔にSanggengコーヒーと呼ばれました。アチェ語では、Sanggengは「愚か」と意味します。Sanggengコーヒーのコーヒーやミルクの量は、普通のミルクコーヒーに比べて、より少ないので、「愚か」と呼ばれました。少ない用量は、普通のミルクコーヒーよりも安い価格になります。Sanggengの名前は、1990年代に、Sanggengコーヒーが学生の間に人気になって、Sangerに変わりました。価格は安いから人気になりました。少ない用量と学生に手頃な価格で、このコーヒーが当時の学生の状況を「最も理解できる」コーヒーになりました。その時以来、「お互いを理解する」を意味するSangerという言葉が出ました。

ユニークな物語を持つに加えて、アチェの典型的なコーヒーは、提示することにもユニークです。まずは、ブラックコーヒーの粉末を布フィルターにいれて、次に、沸騰した水をフィルターに数回注ぎます。フィルターされたコーヒーは、長い間、交互に別のガラスに何度も引っ張られて、繰り返し移動します。単にTeh Tarikを作る方法に似ています。その後、コーヒーは、加藤練乳を入れたカップに注ぎます。ミルクと混ぜられたコーヒーは、泡立つまでコーヒーが振られています。そして、Sangerコーヒーは、奉仕する準備ができました。

普通のコーヒーミルクの用量より少ないが、Sangerコーヒーの味は、異なる味を持っています。このコーヒーは、独特な香りを持っています。Sangerコーヒーの価格は、1カップ当たり、1万から15千ルピアぐらいかかります。

これでペソナインドネシアを終わります。明日もまた他の興味深いトピックでまたお会いしましょう。

Read 1223 times Last modified on Sunday, 28 January 2018 10:23