Wednesday, 26 August 2020 07:30

インドネシアは、2021年まで、3億4,000万回分のCOVID-19ワクチンの供給を確保

Written by 
Rate this item
(0 votes)

Retno Marsudi外相は、特に2020年と2021年の短期間のCOVID-19ワクチンの履行は、確保されていると述べました。これは、824日月曜日、ジャカルタ大統領官邸での限定会議後の記者会見で、レトノ外相が語ったものです。この取り組みでは、先週、COVID-19の対策委員会の最高責任者であるレトノ外相とCOVID-19の対応および国家経済回復委員会委員長であるエリックトヒール国営企業大臣は、中国とアラブ首長国連邦(UAE)を訪問しました。レトノ外相は、今回の訪問の結果、インドネシアは、最大34,000万回分のワクチンの確約を得たと説明しました。

インサート:これらの2か国への訪問から、2020年に確保したものは、2,0003,000万回分のワクチンの確約だと伝えました。一方、2021年の第1四半期には、確保できるワクチンは、8000万から13千万回分までです。一方、第2四半期から第4四半期には、21,000万回分を確保しました。したがって、2021年の数字について言えば、確保できる数は29千万から34千万回分です。

レトノ外相は、政府はCOVID-19ワクチンの必要性を満たすために短期的および長期的な努力をしていると述べました。短期的な取り組みには、UAEと中国からのワクチン供給の確保が含まれます。長期的な取り組みは、ワクチンの製造における独立性を達成することです。

Read 816 times Last modified on Wednesday, 26 August 2020 07:48