Print this page
Monday, 22 March 2021 08:14

アブ・サヤフグループからのインドネシア国民の人質一人が再び救出された

Written by 
Rate this item
(0 votes)

Seorang WNI sandera kelompok Abu Sayyaf kembali diselamatkan

アブ・サヤフグループによって人質にされたインドネシア国民は318日木曜日、、以前に人質の被害者であった3人のインドネシア国民が木曜日に救出された後、カルパグ島で一人が再び救出されました。日曜日ジャカルタでアンタラ通信社が受け取った外務省の書面声明で、救出された被害者はMKという名前の14歳の男性だと述べました。一方、フィリピンのダバオ市にあるインドネシア総領事館は、タウイタウイのボンガオにあるインドネシア国軍国境検問所のメンバーを通じて、会い、MKの状態を調査しました。MKは、良好で健康な状態であると報告されています。MKを救出するということは、アブ・サヤフグループによって人質にされたすべてのインドネシア国民が首尾よく釈放されたことを意味します。国への帰国手続きについては、インドネシア政府は、在マニラのインドネシア大使館とダバオ市のインドネシア総領事館を通じて、フィリピン政府と調整します。

Read 186 times
Endah

Latest from Endah