Thursday, 14 July 2022 08:26

生贄になる動物を飾る伝統

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、生贄になる動物を飾る伝統をご紹介します。

数日前、世界中のすべてのイスラム教徒は、Idul Adha祭日を祝いました。この祭日、イスラム教徒は、毎年ヤギと牛のような家畜生贄として虐殺します。一般的なイスラム教徒と大差ありませんが、西スマトラ州アガム県のアンペックナガリ地区のケナガリアン・バワンの人々も、Idul Adha祭日の間に生贄になる動物を屠殺します。ユニークなことに、動物が屠殺される前に、生贄になる動物は、通常装飾されています。この伝統は発展し、遺伝的になり、それが実行されない場合、彼らは彼らの崇拝が完全ではないと考えます。

動物を屠殺する過程で、動物を生贄にする人は、ガラス、櫛、香水などの生贄になる動物を飾るための道具を提供しなければなりません。これが行われない場合、屠殺プロセスを実行することはできません。地域社会は、生贄にされた動物が健康だけでなく見た目も良くなることを望んでいます。適格と宣言された後、動物は、粉末、香水、櫛、シュラウドなどを使用して、人間のように装飾されます。

動物を飾るために使用される粉末は、任意の形状とブランドにすることができます。目標は、屠殺される動物が来世で、そして生贄を捧げる人々のための乗り物としてより良く見えることです。櫛は、生贄になる動物の頭の毛をとかすために使用されます。香水は、香りを出すために与えられます。動物を生贄にする人が女性の場合は、口紅が与えられます。

シュラウドは、屠殺前に犠牲になる動物を覆い、屠殺されて埋められた後に動物の爪を包むために使用される白い布です。サロンまたは長い布は、動物を屠殺するために聖職者に与えられる施しの材料として意図されています。提供される各布は、生贄を捧げる人の性別に基づいています。生贄を捧げる人が男性の場合、彼はサロンを提供し、生贄を捧げる人が女性の場合、長い布が提供されます。

装飾された後、犠牲になる動物は、黄色のライス(シラマック)、黒もち米、ピニャラムなどの餌が与えられます。生贄を捧げる人から提供された道具や材料、食べ物はすべて、屠殺されたときに幸せを感じ、恐れを感じないことを目的として動物に与えられます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

 

 

Read 146 times