Thursday, 04 August 2022 07:18

バニュワンギ県の料理KUE KUCUR(クチュルケーキ)

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、バニュワンギ県の料理KUE KUCUR(クチュルケーキ)をご紹介します。

726日、クチュル・フェスティバルというタイトルのイベントが、バニュワンギ県のブランバンガン公園で開催されました。このお祭りは、バニュワンギ県の代表的な軽食である様々なクチュルケーキを紹介するために開催されました。祭りでは、参加者は、見た目も味も魅力的なKucurケーキを提供することを競いました。バニュワンギ県知事 Ipuk Fiestiandani 氏によると、クチュル・フェスティバルは、人々の作品を見るために開催されたということです。クチュルケーキは、この伝統的なケーキの競争力と経済的価値を高めるために、異なるユニークなコンセプトで作れることがわかりました。

クチュルケーキまたはチュチュルケーキとして知られる他の地域では、揚げた米粉とパームシュガーから作られます。クチュルケーキは、真ん中が山のように膨らみ、端が薄分厚くなりがちな形ですが、黒糖を使用しているため、甘みがあり色は茶色です。すべての住民は、これらの伝統的なスナックを知っており、愛しています。クチュルケーキは、お祝いの際に出されることが多く、バニュワンギの様々な料理店で簡単に見つけることができます。

今回のクチュル・フェスティバルで、バニュワンギの住民が作ったこのクチュルケーキは、多様に見えます。紅白クチュル、パンダンワンギクチュル、イカ墨(イカからの染料のクチュル)、レインボークチュルと呼ばれるカラフルなクチュルなどがあります。また、赤いベルベットから作られたクチュル、パンダンからのグリーン、エスプレッソ、コーヒーとシナモンの味のクチュルもあります.。使用されるすべての染料は天然成分に由来し、無害です。この伝統的なケーキは、1 個あたり約 2,000 5,000 ルピアの比較的手頃な価格で、バニュワンギ県で簡単に見つけることができます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 92 times