Friday, 09 December 2022 06:15

ILOは、人間がパンデミック後の回復の中心になるべき

Written by 
Rate this item
(0 votes)


国際労働機関 (ILO) は、加盟国に対し、COVID-19パンデミック後の回復努力の中心に人間をえるよう要請しています。多国籍企業と企業関与を担当する国際労働機関ユニットの責任者、Githa Roelans 氏によると、新型コロナウイルスは、多くの富を生み出す一方で、同時に不平等を引き起こす古い経済モデルを反省する原動力と見なすことができるということです。Githa Roelans 氏は、128日木曜日にシンガポールで開催された第 17 アジア太平洋ILO地域会議の合間に記者会見で、多くの国がこの非常に野心的な目標を実現するための正しい軌道に乗っていないことを考えると、COVID は 2030 年の持続可能な開発目標を達成するための世界への警鐘だと述べました。

Read 59 times