Monday, 12 February 2024 09:00

東京の海外選挙委員会 特別名簿有権者のため3,500枚の投票用紙を準備

Written by 
Rate this item
(0 votes)

 

東京の海外選挙委員会は、2024211日の投票日に多数の有権者が詰めかけることを見越し、特別有権者名簿に基づき約3,500枚の投票用紙を用意しました。11日のアンタラ通信によると、東京の海外選挙委員会のマクムール・ルビス氏は、東京の投票所に投票用紙が約3000枚あり、予備が500枚あるため、差出人に戻ってくる投票用紙を入れれば準備は十分であると述べました。同氏はまた、差出人に戻ってくる投票用紙とは、有権者に送られたものの、受取人がその住所にいないため東京の海外選挙委員会に返送された投票用紙のことであると説明しました。一方、特別有権者名簿とは、確定有権者名簿に登録されていない有権者のリストです。東京の投票所では、特別有権者名簿に新たに登録された有権者は、現地時間の午後 4 時から 6 時まで投票できます。日本での投票は、投票所と郵便の2種類の方法で行われます。

Read 92 times Last modified on Tuesday, 13 February 2024 12:00