ihsan syaputra

ihsan syaputra

06
December

Erick Thohir国有企業大臣は、ジャカルタの すべての交通手段の統合を2023年に終える事を目標としています。12  5 日月曜日にジャカルタで開催された国会の第6委員会とのワーキングミーティングで、Erick Thohir 大臣は、当局は、特にジャカルタで、交通手段の大規模なエコシステムを望んでいると述べました。Erick 大臣によると、統合により、交通手段の利用者はアクセスが 容易になります。一方、Kartika Wirjoatmodjo 国有企業副大臣は、国有企業省は、ジャカルタの交通エコシステムの支援者のつとして、ジャカルタ・バンドン高速鉄道 (KCJB)  JabodebekLRT プロジェクトの完成を推進し続けていると 述べました。

06
December


政府は、優れた競争力のある人材を開発および 創出するために、さまざまなプログラムを通じてデジタル経済の可能性を最適化します。12  5 日月曜日、ジャカルタで開催された 2022 年の全国ピアラーニングミーティングで、経済調整省の Susiwijono Moegiarso 秘書官は、これらのプログラムには、クリエイティブサイバー、デジタルタレントスカラーシップ、デジタルリーダーシップアカデミー、および雇用前カードが含まれると述べました。さらに、政府はまた、世界的な動向の進展に沿った能力のニーズを満たすために、人的資源への投資を加速するための職業教育および訓練政策を推進しています。Susiwijono 氏は、政府は 2030 年までに 900 万人のデジタル人材のニーズを満たすという目標を持っていると述べました。

06
December

ロイター通信社は 12  5 日月曜日、月曜日の朝、ニューデリー市は、より涼しい天候が大気汚染を悪化させたため、厚いスモッグに覆われたと報じました。インドの中央公害防止庁によると、市内の一部の地域の大気質指数は 350  400 に達し、「非常に悪い」とのことでした。一方、インド政府は、粉塵と排出量を削減するために、首都とその周辺での民間建設プロジェクトを禁止しています。

06
December

インドネシアとスウェーデン政府は、2030 アジェンダを達成することにより、持続可能な開発目標 (SDG) に向けて協力することを約束しました。12  5 日月曜日にジャカルタで開催されたスウェーデン・インドネシア持続可能性パートナーシップ (SISP) イベントで、在インドネシア・スウェーデン大使のMarina Berg大使は、インドネシアとスウェーデンは炭素排出量を削減することを約束し、正味ゼロエミッションを達成する為の 目標を設定したと述べました。大使によると、今年のインドネシアとスウェーデンの二国間関係は、スウェーデン代表団が 8 月にヌサテンガラを、10 月には スラバヤを訪問し、持続可能性の分野、特に再生可能エネルギーと輸送システムでの協力に焦点を当てたことにより、さらに強化されました。一方、在スウェーデン・インドネシア大使であるKamapradipta Isnomo大使はビデオリンクを通じて、インドネシアは新再生可能エネルギーの開発と利用拡大の課題に直面する中で、スウェーデンとの協力を強化しようとしていると説明しました。