ihsan syaputra

ihsan syaputra

08
November

インドネシアの 複数の専門組織からなる 専門家グループは、現在 薬物中毒によって引き起こされる進行性の急性腎障害を克服するための代替解毒剤としてエタノール液を利用する研究を行っています。インドネシア保健省のスポークスマン、Mohammad Syahril氏 は、11  7 日月曜日、小児の急性腎疾患の発症に関する最新情報に関する記者会見で、エタノールに関する研究が 腎臓病患者を治療するための 国の指定病院 ジャカルタの Cipto Mangunkusumo 病院(RSCM)で テスト段階に入ったと述べました。この研究は、インドネシア小児科医協会IDAIとともに、RSCM の薬物研究グループの 複数の専門家によって実施されています。Syahril 氏は、危険な化学物質 すなわちエチレングリコール (EG) とジエチロングリコール (DEG) によって引き起こされる 薬物中毒を克服するために、エタノールの使用が代替の選択肢になる可能性があると述べました。

08
November

Sandiaga Uno観光・創造経済大臣は、バリ島のNgurah Rai空港の 多くの場所にある さまざまなアートの展示は、来る2022  11  15  16 日に開催される G20 サミットの代表団に第一印象を与える上で重要であると述べました。11  7 日月曜日にジャカルタで受け取った公式声明の中で、Sandiaga大臣は、インドネシアの長所となる 心からの もてなしを示すために、空港の準備の重要性を伝えました。このアートの展示I Gusti Ngurah Rai空港の美化プログラムの一環であり、国の文化的多様性のショーケースとなるだけでなく 効果的なプロモーションのツールともなり その結果、代表団は インドネシアを よりよく知ることができます。展示されているアートには、I Wayan Upadana の「Paradise Scape」、Kadek Dwi Armika の「Wana Rupa Segara Gunung」、Raka Bernat の「Palemahan」、Gus Ari の「The Tree of Life」、Yoka Saraの「Mataya Gate」などがあります。他にも革新的なデザインスタジオ Atelier Seni による「Nawa Dewata」、Made Wiguna Valasara による「Construction Semesta」などがあります。

08
November

マカオ当局は、11  6 日日曜日の公式ウェブサイトで、COVID-19 によって混乱した世界最大のカジノハブが 平常営業に戻ったと述べました。これは、先週実施された2つの大規模なCOVID-19検査で 新たな感染者が発見されなかったからです。ロイター通信によると、当局は、MGM China Holdings株式会社が運営する MGM Cotai カジノを、カジノ従業員がCOVID-19 に 感染したため 船内の乗客 1,500 人以上を日間 隔離した後の11  2 日に再開することを許可しました。この地域は、感染を迅速に抑制しようとする北京の中国中央政府の「ゼロ コロナ」政策に厳密に従っています。

01
November

Sandiaga Uno観光・創造経済大臣は、シンガポールのOng Ye Kung保健大臣を東ヌサ・テンガラのコモド・ラブアン・バジョ国立公園地域に含まれる多くの場所を旅行するよう招待しました。月曜日に発表された声明では、これらの目的地にはリンカ島、サボロ島、マンタポイントが含まれると述べられています。シンガポールのOng Ye Kung保健大臣は、インドネシア、特にラブアン・バジョには、シンガポールにはない独自のセールスポイントがあると述べました。これにより、ラブハンバジョは世界レベルで東南アジア最高の観光地になる可能性を秘めています。