ihsan syaputra

ihsan syaputra

23
October

中国当局は、10  21 日に 1,006 人の COVID-19 感染の新規症例が記録され、そのうち 215 人が症状を示し、791 人が無症状であると報告しました。中国の国家衛生健康委員会によると、土曜日、この数は前日の997件の新規感染者と比較して増加しており、これには中国が別々にカウントした214件の症候性感染と783件の無症候性感染が含まれていました。委員会は、前日と同じ5,226人の死亡者を記録しました。

18
October

Syahrul Yasin Limpo 農業大臣は、価格は上昇しているが、国内の米の在庫は現在のところ十分にあると主張しました。月曜日、ジャカルタの大統領官邸で、Syahrul Yasin大臣は、中央統計局が食品、特に米に関する最新のデータを発表したと述べました。このデータによると、インドネシアのコメの収支はプラスの位置を示しており、在庫が 前年比 1.9% も増加しているとのことです。Syahrul 大臣によると、値上げに対処するため、Joko Widodo大統領は、食糧庁に可能な限り購入に介入するよう求めました。

18
October

ナミビアの主任獣医官、Albertina Shilongo氏は、ナミビアは国の北東部、ザンベジ地域で 再び 口蹄疫の感染を報告したと述べました。彼によると、南部と北部Kabbe地域は 口蹄疫 感染地域と宣言され、一方、ザンベジ地域全体が感染管理地域と宣言されました。Shilongo氏は、現在、当局は 感染のレベルを判断するために、集中的に 監視を行っていると述べました。また、二枚爪を持つ動物の 移動 ー 出荷と疾病管理区域内を通過することも禁止しました。以前に発行された感染管理区域への出入り許可はすべて取り消され、撤回されましたが、 輸出用 食肉処理場へ出荷するための 他の口蹄疫 感染区域からの動物は 除外されます。ナミビア政府はまた、皮、皮革、狩猟動物、草、植物材料など、感染の可能性がある商品の感染管理地域への出入りを禁止しています。Shilongo氏は、来週から家畜に口蹄疫の予防接種を開始すると述べました。

09
October

パンデミック後の観光部門の回復に伴い、ヨットやクルーズ船などの海上輸送の可能性が再開されています。Budi Karya Sumadi運輸大臣は、10  8 日土曜日の公式声明で、船やクルーズ船の開発を通じて海運業者が行った取り組みを支持しています。Budi Karya 大臣によると、ヨットとクルーズ船のエコシステムは、どのアプローチが最も早く開発できるかを見つけるために、海運業者との機会と課題について深く研究する必要があります。運輸大臣は、パンデミック後の観光部門の回復は、インドネシアの海洋観光の進歩を支援するのに役立つヨットやクルーズ船などの海上輸送を導入する良い機会であると考えています。政府側からは、運輸大臣が投資規制を緩和することで支援すると述べました。