Wednesday, 21 February 2024 08:10

インドネシアと東ティモールは協同組合と零細・中小企業の開発における協力を確立

Written by 
Rate this item
(0 votes)


協同組合・中小企業省は、中小零細企業(MSME)と協同組合が両国経済により多くの利益をもたらすよう強化するため、東ティモールとの二国間協力を確立しました。この協力は、220日火曜日にジャカルタで行われた両国間の覚書の署名において確認されました。アンタラ通信社が引用したように、テテン・マスドゥキ協同組合・中小企業大臣は、地域協力を通じて中小企業と協力プログラムを強化するだけでなく、能力開発開発への取り組み、協同組合間のパートナーシップ、協同組合や中小企業の事業可能性開発に関連する実現可能性調査、研修や交流訪問など、この協力の範囲について説明しました。一方、東ティモール協同組合担当国務長官のアルセニオ・ペレイラ・ダ・シルバ氏は、この協力を通じて、零細・中小企業と協同組合の発展方法を共に学び、より強くなれることを期待しています。

Read 83 times