Wednesday, 28 February 2024 07:57

インドネシアは農業交渉完了のためWTOを後押し

Written by 
Rate this item
(0 votes)


インドネシアは、226日から29日までアラブ首長国連邦のアブダビで開催された世界貿易機関WTOの第13回閣僚会議に出席しました。会議に先立ち、インドネシアはG33グループ会議の議長を務め、WTO 13回閣僚会議における公的食料備蓄問題の恒久的解決を推進する立場と優先事項を強化しました。これは、227日火曜日ズルキフリ・ハサン貿易大臣を代表とするインドネシア代表団を率いる際、インドネシア共和国貿易省の国際貿易交渉局長ジャトミコ・ブリス・ウィチャクソノ氏が語ったものです。ジャトミコ氏によると、公的株式保有は小規模農家への支援を提供するだけでなく、国家の食料安全保障の実現にも貢献できると考えられています。 G33 は、 WTO における農産物生産国の連合グループです。 G33 は、発展途上国および発開発途上国のグループからの 47 のメンバーで構成されます。

Read 96 times