Thursday, 07 March 2024 06:12

ディスカバー・インドネシアは、香港国際映画・テレビ・マーケットに出展する

Written by 
Rate this item
(0 votes)

ワルナワルニです。今日は、ディスカバー・インドネシアは、香港国際映画・テレビ・マーケットに出展することについてお伝えします。

インドネシアは、香港国際映画・テレビ・マーケット(FILMART)に初めてカントリー・パビリオンとして参加しました。インドネシアの存在は、教育文化研究技術省、ジャカルタ特別州の観光・創造経済局、ジャカルタ映画週間(JFW)、インドネシア映画製作者協会(APROFI)、およびインドネシア映画業界関係者の協力で示されました。FILMART のインドネシアパビリオンは、「インドネシア発見」をテーマとしています。このテーマは、インドネシアのスクリーン産業、特に映画の豊かさと多様性を説明するために採用されました。

2024 3 11 日から 14 日まで香港で開催されるFILMARTは、アジアを代表するクロス・メディアおよびクロス・ジャンルのエンターテイメント・コンテンツ・マーケットです。その後、FILMARTには、アディヤ・ピクチャーズ、BASEエンターテインメント、IDNピクチャーズ、フレンズ・クラウド・メディア、ライフライク・ピクチャーズ、ルミネ・スタジオ、マグマ・エンターテインメント、MDエンターテインメント、MNC コンテンツ、パラリ・フィルム、ネガラ・フィルム・プロダクション、ラピ・フィルム、スタービジョン、タラメディア、ビシネマ・ピクチャーを含む制作会社から15の代表団が参加する予定です。

また、ジャカルタ映画週間とジョグジャ-NETPACアジア映画祭という2つの映画祭代表団も参加しています。 FILMART イベントでは、インドネシアパビリオンでネットワーキング・アワーとトークショー・プログラムの 2 つのアクティビティが開催されます。ネットワーキング・アワー中に、インドネシアから持ち込まれた制作会社とフィルマートの制作会社が出会います。その後、トークショー・プログラムが開催されます。タイトルは 2 つあります。1 つは映画産業に関するインドネシアを詳しく見る、もう 1 つは映画のロケ地と制作資産に関する「素晴らしいインドネシアを捉える」です。

教育文化研究技術省の文化局長の特別スタッフのアレックス・シハール氏は、インドネシアのFILMARTへの存在は、インドネシアの映画部門を支援するためだと述べました。教育文化研究技術省は、インドネシア映画セクターの国際化を引き続き支援しています。教育文化研究技術省は、インドネシア映画の共同製作をさらに奨励し、外国映画製作者をさまざまなプロジェクトに招待しています。アレックス氏はまた、教育文化研究技術省からの別の支援形態が、インドネシアナを通じて文化活動家に分配される文化寄付基金プログラムを通じたものであると述べました。

これで、ワルナワルニを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 121 times