Friday, 01 March 2024 06:41

IndoFringe@Sekolah

Written by 
Rate this item
(0 votes)

ワルナワルニです。今日は、IndoFringe@Sekolahをご紹介します。

サンディアガ・ウノ観光創造経済大臣は2 26 日、 IndoFringe@Sekolah を開始しました。 IndoFringe@Sekolah は、包括的で持続可能な創造経済プログラムを構築および実行する創造経済運動です。サンディアガ・ウノ大臣は開会式で、Indofringe@Sekolahは創造的な経済について若い世代に紹介し、視野を広げるためのフォーラムだと語りました。特に創造経済のさまざまなサブセクターのショーケースとしてのフェスティバルの実施に関しています。サンディアガ・ウノ大臣は、IndoFringe@Sekolah をサポートしており、今年対象範囲が拡大されます。 2024IndoFringe@Skolah は、インドネシアの 20 都市で開催され、各都市の参加校数は 20 25 校となります。IndoFringe@Sekolah プログラムでは、Indofringe のチームが 3 つの学習方法を使用して、イベントの作成と実施に関する教育プログラムを学生と教師に提供します。すなわち、Indofringeのメンターによるプロジェクトベースの学習、共同レッスン、体験ベースのレッスンです。各学校の学習プロセスは、選ばれた 10 人の生徒と 1 人の教師が参加して、12 週間続きます。提供される資料は、フェスティバルの計画、スポンサーシップ、制作とデザイン、人材のキュレーション、プロモーション、および賞と認定に関連しています。その後、IndoFringe@Sekolahで参加校全員による最後の学習と競争として、各校がフェスティバルを開催します。 2023 年、IndoFringe@Sekolah は、フェスティバルでさまざまな創造的な作品を紹介することで、396 のパフォーマンス、1,327 人のタレント、11,553 人の来場者をもたらし、218 の学校で導入に成功しました。モダンダンスをはじめ、伝統舞踊、バンド・音楽、ソロボーカル、絵画、演劇までです。

これで、ワルナワルニを終わります。明日も、他の素敵なトピックで、またお会いしましょう。

Read 144 times