Friday, 05 April 2024 06:54

外務省は台湾にいるインドネシア国民のチェックに積極的に取り組むよう要請

Written by 
Rate this item
(0 votes)

インドネシア国会のプアン・マハラニ議長は、台湾が43日水曜日マグニチュード7.5の地震で揺れた後、台湾にいるインドネシア国民のチェックに積極的に取り組むよう外務省に要請しました。プアン氏によると、外務省は名前や居住地を調べるなど、避難場所を提供してくれるインドネシア国民を探す必要があるということです。これらのインドネシア国民は、インドネシアに帰国することもできます。プアン氏は、44日木曜日ジャカルタ国会議事堂で行われたインドネシア国会総会の議長を務めた後、外務省を通じて政府に対し、被災地でインドネシア国民を保護し、守るためにあらゆることを最適に行うよう要請しました。以前、43日水曜日の朝、台湾付近でマグニチュード7.56.6の地震が発生し、その揺れは、遠く離れた沖縄本島や日本の南部の宮古島まで感じられたため、地元当局はこれらの島々に津波警報を発令しました。

Read 133 times