Thursday, 11 April 2024 07:55

インドネシア代表団はインドネシア国家・シングル・ウィンドウの重要性を説明

Written by 
Rate this item
(0 votes)


インドネシア代表団は、英国のロンドンで開催された48回円滑化委員会会議(48th FAL)で、効率的な物流フローの実行を支援する取り組みとしてのインドネシア国家・シングル・ウィンドウの重要性を説明しました。これは、49日火曜日アンタラ通信社が引用した声明で、運輸省交通海上輸送部長のヘンドリ・ギンティング大佐が語ったものです。48回円滑化委員会会議(48th FAL)は、202448日から12日まで世界海事機関(IMO)によって開催されました。ギンティング氏は、インドネシア国家・シングル・ウィンドウは、港湾など輸送モード間の会合ポイントにおける輸出入貿易システムの簡素化を支援することを目的としていると説明しました。将来的にはサプライチェーンに沿ったすべてのプロセスをカバーできることが期待されています。

Read 117 times