Tuesday, 21 May 2024 07:50

首都特別区(DKI)はジャカルタが世界レベルで世界都市のリーダーとなることを期待している

Written by 
Rate this item
(0 votes)


ジャカルタ特別州政府は、ジャカルタ市が2045年黄金のインドネシアの目標に沿って、ASEANだけでなく、アジアや世界の都市リーダーとなることを望んでいます。これは、ジャカルタ特別州 文化観光担当 副州知事マルラ・マタリ氏が語ったものです。マルラ・マタリ氏は、520日に「黄金のインドネシアに向けた第二の覚醒をテーマとした第116回国家覚醒の日の催しで査察官を務め、中央ジャカルタのモナス広場で通信情報省の式辞を読みました。マルラ・マタリ氏は、現在、インドネシアは建国の父たちが確立した第一次の覚醒精神を引き継ぎ、覚醒の第二段階にあると述べました。マルラ・マタリ氏は、第二の覚醒はインドネシア国家にとって最も重要な瞬間だと語りました。したがって、ジャカルタ市民は完全な楽観主義、自信、信念を持って未来に目を向けなければなりません。

Read 123 times