Wednesday, 22 May 2024 09:02

インドネシア財務大臣は、世界水フォーラムには水インフラへの資金提供を開始する勢いがあると明言

Written by 
Rate this item
(0 votes)


インドネシアのスリ・ムリャニ・インドラワティ財務大臣は、2024年第10回世界水フォーラムは、水と衛生インフラの開発のための共同資金メカニズムまたはブレンド・ファイナンスを設計する勢いとなるだろうと述べました。スリ・ムリャニ大臣によると、多額の投資が必要なこと自体が、適切な水と衛生インフラを改善する上での課題だということです。これは、521日日曜日バリ島ヌサドゥアのバドゥンで開催された024年第10回世界水フォーラムのパネル・セッションで演説した後、スリ・ムリャニ大臣が語ったものです。第10回世界水フォーラムの主催国であるインドネシアは、6次持続可能な開発目標(SDGs)を加速するプログラムの1つとして世界水基金の設立を推進している国の1つです。さらに、スリ・ムリャニ氏は、水の安全保障と適切な衛生環境の実現には、政府と民間部門の協力が必要であるため、財務省は世界水基金の設立を支援し続けると述べました。

Read 127 times