Thursday, 13 June 2024 07:34

国連事務総長はイスラエルとハマスに停戦計画に合意するよう要請

Written by 
Rate this item
(0 votes)


国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、ガザ地区の紛争当事国、すなわちイスラエルとハマスに対し、ジョー・バイデン米国大統領が支持する停戦計画に同意するよう要請しました。グテーレス氏は、火曜日ヨルダンで行われた緊急援助会議での声明で、バイデン大統領が最近概要を示した和平への取り組みを歓迎し、すべての関係者にこの機会を捉えて合意に達するよう要請しました。グテレス氏は、ガザ飛び地の状況を「嘆かわしい」と述べました。グテーレス氏はまた、紛争中/および紛争後の国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の重要な役割を強調しました。

インサート:私はまた、この法外かつ執拗な攻撃からUNRWAを守るために団結するよう世界に呼びかけます。 UNRWAの役割は、紛争中だけでなく紛争後も重要であり続けます。

グテレス氏は声明の最後に、前進する唯一の道は、1967年以前の路線および関連する国連決議に基づき、パレスチナとイスラエルの2国家が平和と安全のもとに共存する持続可能な平和への道を開く政治的解決策を通じたものであると述べました。

Read 100 times