Friday, 05 October 2018 11:52

東ジャワ州のBRAWIJAYA博物館

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

ペソナインドネシアの時間です。今日は、東ジャワ州のBRAWIJAYA博物館をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

105日は、陸軍、海軍、空軍からなるインドネシア国軍(TNI)の記念日です。今年は、TNI73周年を迎えました。 TNI73周年の記念日は、サバン市からメラウケ市まで、インドネシア全域で開催されます。TNIは、各主軍管区で式典を行います。このイベントのメインは、パプア州のメラウケで開催されました。いくつかの活動は、ソーシャルサービス活動、主要防衛システムツール(Alutsista)の展示、英雄参拝、ジャーナリズム作品のためのTNI司令官賞など、様々な地域で開催されました。第73TNI記念日の枠組みの中で、今回は、東ジャワ州のBrawijaya 博物館を訪問し、TNIが侵略者と戦うために使用した歴史的な品々を見ることをお勧めします。

Brawijaya 博物館は、196854日に発足し、1976年から建設されました。この広さ10,500平方メートルの博物館には、特にオランダの軍事侵略の際に、インドネシア独立の歴史遺産がたくさんあります。しかし、このコレクションは、マランでの戦いだけでなく、スラバヤやボンドウォソなどの周辺地域でも使用されてました。この博物館は、毎日午前8時から午後230分までオープンしています。ただし、金曜日は、午前1130分に閉鎖され、土曜日と日曜日は、午後1時に閉鎖されます。

博物館の中庭に入ると、博物館の前部にあるAgne Yastra Lokaという武器パークに到着します。武器パークの中には、1947731日に戦うために35インドネシア学生軍戦闘家によって使用されるAMP-TRACKタンク、侵略者から戦利品、大砲、スディルマン将軍の像など、歴史的な品々コレクションがあります。博物館のロビーに入ると、Brawijaya部隊の任務のレリーフ、マジャパヒト王国の権力のレリーフ、インドネシア国家の統一シンボルの3つの歴史的コレクションがあります。

主な収集室に入ると、様々な興味深いコレクションがあります。例えば、Brawijaya部の司令官を務めた、ソンコノ大佐の公用車として使用された米国製のデソト車、様々な武器19451029日、TKR(人民軍)と同盟国間の停戦交渉に使用された椅子のテーブルなどです。また、19451110日にマラビーと戦いのりくを描いた絵、1948年の軍事侵略時のオランダ占領図、インドネシアの軍服、革命の間に流通した貨幣(かへい)、ラジオ、通信機器、伝書Bhirawaの地方の新聞によって記録されたその時の出来事の記録もあります。

Brawijaya博物館の歴史的コレクションの数でも、鉄道車両の中の死は、この博物館の主なアトラクションとなった歴史的なコレクションです。キャリッジ死の物語は、1947年にまだオランダの占領下起こりました。多くのゲリラや兵士は、独立を守ろうとしています。そのような抵抗の一つは、ボンドウォソで起きました。その時、戦闘員は、逮捕され、投獄されました。囚人の数は、Bondowoso刑務所に収容することができないので、その後、最も危険と考えられた100人の囚人は、19471123日にスラバヤのBubutan刑務所に移送されました。囚人を輸送する3つのキャリッジがありました。ほとんどの囚人は、食べ物の飲み物、呼吸のためのスペースすらないため、Bubutan刑務所に何十時間も移動した後に膣測しました。彼らは、一緒に詰め込まれ、キャリッジの熱に焼かれました。 46人の囚人が死亡しました。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 82 times Last modified on Friday, 05 October 2018 13:28