Wednesday, 14 August 2019 12:39

中部ジャワ州バンジャルネガラ地区のTELAGA WARNA DIENG(ディエンの色の湖)

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、中部ジャワ州バンジャルネガラ地区のTELAGA WARNA DIENG(ディエンの色の湖)をご紹介します。

休暇は、インドネシアのほとんどの都市社会にとって非常に待望の瞬間です。様々な自然の魅力を備えたインドネシアは、家族との休暇を失望させないことを保証します。中部ジャワ州バンジャルネガラ地区では、訪問しなければならない場所があります。れをう自然現象のあるこの場所は、TELAGA WARNA DIENG(ディエンの色の湖)と呼ばれています。色の湖という名前は、この場所で発生する自然現象の一意性、つまり頻繁に変化する湖の水の色のために与えられます。時々、この湖は、緑と黄色、または虹のようにカラフルです。

この現象は、湖の水に非常に高い硫黄が含まれているために発生し、太陽が当たると、湖の水の色が、カラフルに見えます。海抜2000メートルの標高に位置し、高い丘に囲まれているため、色の湖の魅力決して忘れられません。色の湖の美しさは、この湖を囲む丘の一つに上がると、さらに感じられます。色の湖を訪れるのに最適な時間は、午前または午後です。なぜなら、夕方には、が色の湖周辺をうため、その自然の美しさを楽しむことはできないからです。

涼しくきれいな空気と自然の調和により、ディエンの色の湖の雰囲気は、とても魅力的です。また、観光客は、白い日陰の木によって高めるかで神秘的な雰囲気を感じるでしょう。色の湖は、国内の観光客だけでなく、英国の観光客、シェリーも魅了することができます。

インサート :私は、インドネシアに約3年間住んでいます。いつもディエンに行きたかったので、2日間休みを取って、ここで一緒に行き、次のプラウ山に行きます。私たちは、これまでここに行ったことがなく、美しいです。

ディエンの色の湖周辺には、Mandalasari Begawan Sampurna Jati禁欲的な場所であるSemar洞窟など、訪れるべきいくつかの洞窟があります。この洞窟の前には、水差しを運んでいる女性の像があります。この洞窟には、小さな池もあり、その水は、様々な病気を治し、肌をより美しくすると考えられています。また、Kumalasariおじいさん井戸の洞窟とJaranResi Kendaliseto洞窟もあります。また、それ以外に、プルボ・ワセソおじいさんのまれた石があります。この色の湖の周りの洞窟は、瞑想の場所としてよく使用されます。ディエンの色の湖の存在は、地域コミュニティにとっても、とても有用です。彼らは、地域の主要な商品であるジャガイモの収穫のために色の湖の水を灌漑の水源として使用しています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 83 times Last modified on Wednesday, 14 August 2019 13:06