Friday, 16 August 2019 12:26

ジョクジャカルタ特別州のBOBUNG観光村

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、ジョクジャカルタ特別州のBOBUNG観光村をご紹介します。

ジョグジャカルタへの旅行は、単に古代遺跡を訪れたり、ビーチに行くだけではありません。地方自治体によって管理されている多くの興味深い観光村があります。例えば、Bobung 観光村です。この村は、ジョグジャカルタ特別州のグヌングドゥル地区のパトゥク区のプッタ村にあります。場所は、ジョグジャカルタ市の東の約30キロメートルに位置しています。Bobung観光村は、2001年にグヌングドゥル県政府により、木製のバティックマスク工芸品の村になりました。木製マスクを作る歴史は、神への感謝の形として到来する収穫期ごとにパンジマスクダンスパフォーマンスを開催することにより、周囲の人々の習慣から始まりました。スナン・カリジャガは、イスラム・伝道のための媒体としてこの伝統を始めたと言われています。ここから、バティック木製マスクを作るというアイデアが浮上しました。このアイデアは、サジマンというダンサーによって初めて提唱されました。

当初、木製のマスクは、ダンスパフォーマンス用にのみ製造され、その後、家の装飾として使用されました。作成されたマスクの形には、独自のユニークさがあり、目を上に向けて、を向けるワヤンプルワキャラクターに似ています。木製マスクの彫刻と着色も、非常に典型的です。その後、Bobung観光村の木製バティッククラフトは、マスクの形だけでなく発展しました。この観光村では、トレイ、キーホルダー、人形などの様々な木製バティック工芸品も、生産されています。

観光村として、このエリアはまた、一般に公開されている木製バティックの作成に関するワークショップを提供しているので、木製バティック工芸品の製作を見ることができます。また、市場の需要を満たすために製造された木製のバティック工芸品の製造を見ることができます。ワークショップ施設に加えて、適切な駐車施設と公衆トイレがあります。訪問者はまた、ギャラリーや展示室を訪れて、職人の様々な木製のバティック作品を見ることができます。また、自宅訪問サービスは、木製のバティック工芸品の製作を直接学びたい観光客にも提供されています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 66 times